ピアノをはじめてしばらくたった多くの人があこがれるのが、ブルグミュラー25の練習曲の一番最後の曲、「貴婦人の乗馬」ですね!それまでの24曲に比べて、すごく難しいというイメージを持つ人も多いかもしれません。でも、発表会で弾いている人も多く、聴いているととってもかっこいいですよね!

この記事では貴婦人の乗馬を弾いてみたい人、ついに先生に宿題として出されたよ!という人にもおすすめ。ピアノ歴23年の筆者が、弾き方のコツなども書いていきます!

ブルグミュラー25の練習曲「貴婦人の乗馬」



「貴婦人の乗馬」は、「ブルグミュラー」の25曲の練習曲が入っている本の、一番最後の曲として有名ですね!ピアノ初心者の最後の難関ともいえます。

このブルグミュラーの楽譜の中では、他にも「アラベスク」「やさしい花」「天使の声」などが有名ですね。子どもから大人まで分かりやすく、タイトルにぴったりの楽しい曲が多いのが特徴かな?

この貴婦人の乗馬は、楽譜の版(出している出版社や時期の違い)によって、
「乗馬」と訳されていることもありますね。

とにかく、馬に乗っている優雅な姿をまず思い浮かべるのが大事です!

難易度は?

正直…これまでの24曲に比べると確かに難易度は上がりますね。

何が難しいかというと、ピアノの低いところから高いところまで、かなり広く使う曲になるということです。それだけ難しいわけですが、それだけかっこいいんですよ!

そして、今までに習った、いろんなピアノの音の動きがたくさんの種類、凝縮されています。「和音を弾くのは得意!」「右手ならよく動かせる!」「ドレミファソラシドというようなスケールはちょっと苦手かも…」など、いろいろな人がいると思いますが、実は、和音も、右手の速い動きも、スケールも、全部できないとこの一曲は完成しません…!

弾き方のコツは

と、ちょっとおどかしてしまいましたが、逆に言えば、場面ごとに弾き方があるので、しっかり部分練習をしていけば、弾けるようになるということでもありますね!場面ごとに私が弾く時に注意したこと・コツなどを説明していきます。

まずは出だし(動画の0:02〜)の、馬がパカパカと走っている様子を表すところ。ここは本当に乗馬の様子そのまんまなので、イメージしながら、軽やかに弾きましょう。はぎれよく、スタッカートで軽く弾かないと、ドシドシと足が遅いどんくさい馬になっちゃいます(笑)この場面は、曲の後半にもまた出てきますね。


そして次の、右手が三連符で速く動くところ(0:55〜)では、貴婦人の優雅さを想像しながら美しく弾きましょう。馬に乗っている人って、だいたいお金持ちで優雅なイメージですよね?そんなイメージなので、三連符は速くて難しいですが、がちゃがちゃしないようにスマートに弾けるまで練習すると良いですよ。

この曲の最後(1:44〜)では、今までとはがらっと雰囲気が変わりますね。ここはラストスパート!!というイメージですね。たぶん、馬に乗った優雅な人は、お城かどこか、旅の目的地に到着するところでしょう。馬も、到着するのが分かったのか、最後の最後にスピードを上げて滑り込みます。ここは難しいところですが、スケールは一息でいきましょう!

そして、「到着した!!!」といった感じでフォルテッシモで堂々と終わりましょう!


これが弾けると…

今までの24曲は「ザ・練習曲」という感じがした人も多いかもしれませんが、この「貴婦人の乗馬」が弾けると、本格的なピアノ曲が弾けた!という感じを味わうことができますよ!私も、貴婦人の乗馬が弾けてみると、「あれ?こんなに私ってピアノが上手かったっけ?」なんて思っちゃったりしたものです(笑)そのくらい、本格的な曲のつくりになっているんですね!

そして、発表会などでも、この曲をテンポよく弾くことができれば、かなり拍手かっさいになりますよ!ステージの上でライトに照らされながら、バッチリ貴婦人の乗馬を弾ききった自分の姿を想像してみてください!とっても素敵な発表会になりますよ!

ブルグミュラーが終わったら…?

習っている教室や先生の方針などにもよりますが、多くの人は、ブルグミュラー25の練習曲を全部終わらせて、最後の「貴婦人の乗馬」が弾けると、次は「ソナチネ」などをやることになると思います。これまた、本格的な曲の作りになっているので、楽しみに頑張りましょう!

まとめ

貴婦人の乗馬は、ピアノ初心者の最後の難関ですが、かなり弾きごたえと発表会映えする曲です。使う音域が広く、習ってきたいろんな要素が凝縮されているので、ブルグミュラー25の練習曲の中では難易度は高いですが、場面ごとにコツをおさえていけば必ず弾けます!乗馬の様子を想像しながら弾くのもポイント!

これが弾けると発表会では拍手かっさい、次はもっと本格的な曲集へとチャレンジできます。


「貴婦人の乗馬」の無料楽譜
  • IMSLP(楽譜リンク
    本記事はこの楽譜を用いて作成しました。1930年にペータース社から出版され、その後再販された楽譜です。「25の練習曲」全曲が収録されており、第25曲「貴婦人の乗馬」は38ページからになります。

ブルグミュラー「25の練習曲Op.100」の記事一覧

 ピアノ曲の記事一覧