エチュードとは別名「練習曲」というのは皆さん知っていますか?練習曲と聞いたら誰もが、「易しくて、簡単に弾ける曲」と思ってしまいますよね。

「ブルクミュラー25の練習曲集くらいのレベルだったら、簡単に弾けてラクチンなのになぁー」と思っちゃいますが、ショパンのエチュードは愕然と超がつくくらい難しいですよね。

私は20代のころにショパンのエチュードを全制覇しましたが、「この超難しいショパンのエチュードの難易度がだいたいわかれば、練習しやすいよなぁ」と思っているあなたにおすすめ曲を私なりに考えてみました。

まずは、エチュードの中でも有名な曲を取り出してみる

ショパンのエチュードにチャレンジしようと思っているあなたは、ショパンの有名どころの曲名はすでにご存知ですよね?あえて挙げてみますね。

*op.10-3 別れの曲


*op.10-5 黒鍵のエチュード


*op.10-12 革命のエチュード


*op.25-1 エオリアンハープ


*op.25-11 木枯らしのエチュード


*op.25-12 大洋


そして、のだめちゃんと千秋先輩のおちゃらけた音大生のクラシックアニメ「のだめカンタービレ」の中で、のだめちゃんが演奏していたop.10-4も放送後に弾きたくなっちゃいました。



この曲は、Presto(急速に速く)で、右手がぐっちゃぐちゃになるくらい速いのです。手がつってしまいそうになります。個人的には、客席から見ていた「ゆうとくん」が不気味な印象が強いです。ドラマを見ていた人はわかりますよね?ww

エチュードは全曲制覇となると、「何年かかるのかなぁ~」と頭が重くなってしまうくらい上級者用です。上級と言っても、きちんと毎日練習をして、ある程度自分は弾ける!と自負するくらいの人用のエチュードですよね。

上記にあげた有名どころの曲だけでも、演奏してみたい!という方のために上記にあげた曲の中での難易度を、易しい順に自己感覚で付けてみました。

自分が弾きたいと思った曲は、ある程度難しくても挫折しないで頑張れる人が多いかと思います。

  1位: op.10-3 別れの曲

「別れの曲」は、1934年にショパンの伝記映画として公開されたもので、映画の中でこの曲が使用されています。1934年は私はまだ生まれてないので、さすがに古すぎる映画のイメージですが、白黒映画もたまぁに見てみると面白いですよ。だって、ショパンはもう亡くなって何百年ですもの。

この映画の題名にちなんで「別れの曲」として一般的に有名になったのですよ。
これはちょっとした雑学です。「えっ?誰でも知ってるって?」

ショパン自身が別れの曲という題名をつけたわけではないのです。「悲しみ」という副題も持っているので、演奏するときには、「ショパンはどんな悲しみを持って演奏していたのかな?」と想像して弾いてみてくださいね。

最初のテーマ部分のみの演奏では、中級レベルくらいの人でも演奏できますよ。そのあとから一気に難しくなって、「これって本当に別れの曲なの?」と聴いたことがない人も多々います。「和音がバラバラになって叫んでる~」と思わざるを得ない部分も出てきますよ。面白いなぁ!ショパンって。

  2位: op.10-5 黒鍵のエチュード

「黒鍵のエチュード」という題名なくらい「ファ」以外は全部黒鍵で演奏する曲ですね。

黒鍵が苦手な人は、「フラット6個もあるの~!」としかめっ面をしてそうです。6個のフラットを見ただけで、「この曲は弾けないわ」と諦めてませんか?案外、易しいんですよ。黒鍵のエチュードは。

簡単に考えれば、ファだけ白鍵で弾けば良いと頭を切り替えてください。

3連符の羅列は4つ手をつないでいる音符よりも見やすいので、譜読みもしやすいです。

一番最後の音階を降りるところは気持ちいい感覚です。「今までずっと3連符だったけど、ようやく解放された~」とすっきりしますよ。

  3位: op.10-12 革命のエチュード


「革命のエチュード」は、「ここまで来たらもうノリで行け、行け~」という感じです。
お笑いの「ゆりやんレトリィバァ」もピアノを弾くお笑いをしてますよね。どうしても「ハリーポッターの曲」になってしまうアレです。レパートリーに「革命のエチュード」も弾いています。私もマネしちゃったりしていますよ。

実はこの曲、トラウマがありまして、発表会で最後に演奏するときの曲だったのですが、なんと!途中で頭が真っ白になってしまい、手が止まってしまいました。

暗譜が苦手でしたが、その時は調子に乗って「たくさん練習したからいいかな」と安易な考えで楽譜を置かないで弾きました。途中からはもう全く思い出せずに本当にデタラメな演奏をして終わりました。ww。苦い思い出の曲ですが、手が小さい私には細かい動きばかりの曲は弾きやすいのです。

まとめ

1位. op.10-3 別れの曲
2位. op.10-5 黒鍵のエチュード
3位. op.10-12 革命のエチュード

以上の3曲を、私の独断と偏見で選びました。ショパンの曲は、ショパンが10度くらいしか届かなかったようなので、比較的手が小さい人でも細かい動きが多く、楽に弾けるのではないでしょうか。ショパンは「ピアノの詩人」と呼ばれているように、一曲一曲の背景がパァッと浮かびますよね。作曲家の中で一番好きなのは、自信を持って「ショパン」と言いたいです。


「エチュード」の無料楽譜
  • IMSLP
    Op.10(楽譜リンク)Op.25(楽譜リンク
    1879年から1880年にかけてブライトコプフ・ウント・ヘルテル社から出版された楽譜です。


 ピアノ曲の記事一覧