あこがれのピアノ曲をひけるようになりたい、その中でも根強い人気を誇るのが、ドビュッシーの「月の光」。ピアノを題材にした超名作漫画「ピアノの森」でも取り上げられ、知っている人も多いんじゃないかなと思います。

そういえば、昔ピアノ習っていて家にピアノがあったなあ、今全然弾いてないけど、この曲だけはひきたいなあ、、、
よし、楽譜も手に入ったし、練習してみよう!!!!!
といざ挑戦するも、なんか楽譜みたら難しそう。何度か練習してみるけど、なかなか上達しないし、やっぱり自分には無理かなと思ったアナタにものぐさなピアニストの私からの練習方法を紹介しますね!

月の光の難易度は?

全音ピアノピースでは難易度Cにランク付けされています。テクニック的にはチェルニー30番40番あたりで、そんなに難しくはない曲かなとは思います。ただ、この曲は調号の数が多いことで(♭5つの変二長調)難しいと思う人はいるかもしれませんね。

その楽譜でいいの?


まずは、当たり前すぎて今更ですが、「月の光」を弾こうと思ったら、楽譜がいりますよね?
その使う楽譜はその楽譜でよかったのか?ってことです。

最近はネットで無料の楽譜を検索すれば、簡単に楽譜を手にいれることができます。確かにその楽譜でピアノは弾くことはできます。
が、しかしです。その楽譜を使用したがためにつまづくことだって残念ながらあるんです。
では、同じ曲の楽譜でいったい何が違うのでしょうか?

それは、弾く方のレベルにもよりますが、

運指(指番号)

の記載がはいっているか、はいってないかの違いです。

基本的に日本人は体格も小さい、手も小さい人が多いのでそれにあった運指が必要になってきちゃうんです。記載してあるものを使った方があとあと楽だとおもいます。

月の光に関していうと、左手のパートを右手で補ったりするところがラストのあたりで、
ちょいちょいあるので(66、68、71小節目)そのあたりを知っているか知らないかで大分弾きやすさが変わってきます。

そういった意味ではいろんな校訂版が出回っていて、一般的には音楽之友社から出ているドビュッシーピアノ曲集第2巻(安川加寿子校注)のものがおススメとしてでています。私もそれで弾きましたが確かに弾きやすかったかなとは思います♪

(↑68、69小節目)

弾く人によっては、手の大きさ、手首のやわらかさ、指や関節のしなやかさなどで指番号の通りひいてもうまくいかない場合があります。
どうしても解決できない場合は一度、ピアノの先生にレッスンを受けた方がよいかもしれません。

最近は、忙しい方も多いので継続ではなくて単発でのレッスンでもみてくれる先生もふえましたしね。アナタの為の指使いを教えてくれますよ。指示通りの指使いではない方がいい場合も人によってはあります。だから、練習してからレッスンに行かない方がいいかも。

楽譜を大きく拡大したものを用意する

これは子供のレッスンで先生がよくやる裏ワザなんですが、難しそうに見える曲の楽譜って音符が小さくて見にくかったりします。これを大きく拡大コピーしちゃうんです。なんとこれだけで難しい感じがしなくなった!と練習に励んでくれる子もいました。

いざ、練習してみよう!


指使いのわかる楽譜も用意できたし、大きく見やすい楽譜にもしました。
あなたはピアノの前に座りました。
そして、両手を鍵盤の上において、弾き始めたアナタ。。。

ちょっと待った!

実はそれがこの後のアナタの未来を左右することになりますよ。(?_?)

やっぱり片手練習からゆっくりと

ピアノの練習は今更かもしれませんが、片手練習からにつきます。月の光なら8分の9拍子なので、3連符の8分音符を1拍として、大きな3拍子と捉えて、

1,2,3、2,2,3、3,2,3

と頭の中でゆっくりと拍を刻んで練習するのがうまくなる早道の弾き方です。
最初にこれをきちんとやっておかないと慣れてきたときにテンポや音符の長さが適当になり、最終的にぐちゃぐちゃになってしまう可能性があります。

でも、いきなり両手で弾きたい気持ちめちゃくちゃよくわかります。
ここは、ちょっとだけ我慢して片手練習してみてください。2,3小節を10回ひく、そして、次にいく、という感じでやると無駄に練習せずにすみます。

この曲はテンポの乗せ方がひとによって違います。プロでもゆっくり弾いてる方もいますよ。そこがこの曲のおもしろいところ。

ゆっくりめの「月の光」


まとめ

1, 実は練習する前の楽譜の準備の方が大切だった(運指がついてる方がよい)
2, ゆっくりと片手練習からにつきる

「月の光」の練習は最初が肝心です!
ゆっくりとしたテンポからスタートして慣れてきたら少しずつ速くしていけばよいと思います。

あとはあなたのペースで素敵な「月の光」を奏でてくださいね!!!


「月の光」の無料楽譜
  • IMSLP(楽譜リンク
    1905年にフロモン社から出版された楽譜です。「ベルガマスク組曲」全4曲が収録されており、第3曲「月の光」は14ページ目からになります。
  • Mutopia Project(楽譜リンク
    最近整形されたきれいな楽譜です。「月の光」1曲が収録されています。

ドビュッシー「ベルガマスク組曲L.75」の記事一覧