さなん の記事一覧

プロフィール


こちらのサイト、「しろくろ猫のおもむくまま」では主に音楽(ピアノの練習方法、、など)の記事を担当しています。

ぶっちゃけ個人的には、読者の方に目からウロコ的な文章で惑わせてみたい願望がありあり⁈(なかなかそのようにはなりませんが)で記事を掲載させて頂いてますが、その辺はどうなんでしょうかね。。

ちなみに普段は中部地方のとある所でピアノ弾き、歌手、ピアノの先生、ボイストレーナーで活動しています。
そうなんです、私、演奏家でもありながら先生でもいたかったんです。
時には、演奏する自分と先生をやっている自分の板挟みにあいながら(>_<)もがいていたりすることも多いですね。ですが、なんとか⁈たくましく生きていますよ(笑)

今回、執筆している曲目ですが、ほとんどの曲は(全部ではないですが)10代の頃に必死になって勉強したクラシックの曲を中心に皆様へお届けしております。
今だからこそ、分析できるし、こんな風に練習した方が効率的かも、、とか思いを巡らせつつ、1曲1曲当時の頃を思い出して、そして懐かしさも加わりながら作業を進めていきました。なかなかこれが、結構楽しいんです♪

現在、仕事でピアノを弾いているジャンルの割合は、クラシックも弾きますが、どちらかというとジャズやポップスの方が比率が高いかなと思います。
ですので、クラシックの曲について、深く掘り下げてみることは、私にとって新たな発見や当時とは違う捉え方もできたりして、とても貴重な経験を頂きました。そういう意味でshirokuroさんに感謝ですね。

私の記事を読んでくださった方は、「ピアノを弾く」ことに関していろんな思いでサイトに訪問して来てくださっていることと思います。

ピアノの練習は、皆さんもご存知の通り、どんなにセンスがあったとしてもコツコツ(できれば、毎日5分でもいい)少しずつ練習するのが上達の近道です。
そうは言っても気乗りしない日もありますよね。。

そういう時、私は家の掃除をします。脳みそがスッキリして、又ピアノに向かえますよ。脳科学から見ても掃除は良いらしいです。うーん、後は気合い‼︎ですかねー。

プロフィールからは、なんだか脱線気味の内容になってしまいましたが、私の思いを皆様に知って頂きたく、敢えて文章に残してみました。

ショパンのピアノ曲を作曲順に解説!(難易度・弾き方・練習方法)【記事一覧】  

フレデリック・ショパン(Frédéric Chopin/1810-1849/ポーランド)は、前期ロマン派を代表する作曲家です。作品のほとんどがピアノ独奏曲であり、繊細で美しく独創的であることから「ピアノの詩人」と呼ばれて・・・

ドビュッシー「亜麻色の髪の乙女」の難易度と弾き方を考えてみよう!~前奏曲第1巻より  

「亜麻色の髪の乙女」という題名をきいて皆さんは、どんなメロディーを思い浮かべますか?私はどうしてもこの二つの曲が出てきてしまいますね(*^_^*) 一つ目は、島谷ひとみさんが歌う「亜麻色の髪の乙女」。 久しぶりに聴いたけ・・・

バッハ「イタリア協奏曲第1楽章」の難易度は?弾き方も考えてみよう!  

このバッハ「イタリア協奏曲第1楽章」は、10代の頃に弾いたことがあったんですが、今改めて弾いてみてもバッハの中でもけっこう好きな曲の一つに入ります♪ 弾くのもいいけど、聴くのも好きですねー。 私にとって、特に第1楽章は、・・・

シューマン「アラベスクハ長調op.18」カッコよく弾ける弾き方のコツと難易度!  

「アラベスク」という題名の曲は、このシューマン作曲のものの他に有名どころではドビュッシーのアラベスク第1番、第2番、ブルグミュラーのアラベスク(これは懐かしいですねー、小学生の頃にこの曲をどれだけ早く弾けるかを友達と競い・・・

ベートーベン「さらばピアノよ」の弾き方の解説と気になる難易度!  

昔、10代の頃にこの曲を弾く機会があり、とても美しいものを感じる曲だなあと思った記憶があります。 ただ、その思いと同時にベートーベン作曲って書いてあるけど、なんだかベートーベンらしくない曲だなあなんて思ってもいました。 ・・・

シューマン「飛翔」(幻想小曲集op.12-2)の弾き方と気になる難易度は?  

この曲は、10代の頃に弾いた記憶がありますが、今聴いてもとてもパワフルで惹きつけるものを持っている曲だと思います♪ 日本ではとても有名なピアニストだった中村紘子さんが、どこで、と言われるとちょっと思い出せないのですが、実・・・

ジョプリン「ジ・エンターテイナー」ピアノ曲の難易度と弾き方のコツ!  

この曲をきくとなんだか古き良きアメリカの時代の音楽だなあと感じてしまうのはわたしだけでしょうか?? 「ジ・エンターテイナー」は1902年にスコット・ジョプリンによって作曲され、ラグタイム(当時のダンス曲の一種だと思ってよ・・・

プーランク即興曲第15番ハ短調「エディット・ピアフを讃えて」弾き方のコツとピアノ難易度!  

皆さんはエディット・ピアフというシャンソン歌手を知っていますか? 彼女は、フランスで最も愛されている歌手の一人であり、有名な曲だと「愛の讃歌」や「バラ色の人生」が日本人のなかではよく知られている曲なのではないかと思います・・・

メンデルスゾーン「結婚行進曲」ゼクシィCMで有名なこの曲の弾き方のコツと難易度!(劇付随音楽「夏の夜の夢」より)  

ゼクシィの「パパパパーンの歌」でも、お馴染みの曲になりました。 メロディにうまく日本語の歌詞がつけられていて、本当にうまくできたアレンジだなあとこのCMを初めてみたときの衝撃はなんともいえないものでしたね。 そうなんです・・・



ページの先頭へ