ヨーロッパで、本場のクラシックを聴きたい!憧れますよね。でも、敷居が高そうだし、ちょっと無理かな、と諦めないで下さいね。

オランダ、アムステルダムでは毎年8月の10日間、「運河フェスティバル(Grachten Festival)」が開かれ、その多くが無料の様々なコンサートが気軽に楽しめるんです。

かくいう私も、オランダ留学中に10日間せっせとコンサートに通い詰めた一人です。当時、学生オーケストラに所属して、クラシック大好き人間だったので、クラシック音楽とアムステルダムの両方が同時に味わえる、とても贅沢なフェスティバルでした。

普段では入れない、こんな建物でも、、、


街の広範囲に渡って90カ所の会場で、250ものコンサートが行われるこのフェスティバル。最大の魅力は、会場が「え、こんな所?」と思うような知る人ぞ知る建物に入れてしまうことです。

美術館、動物園、ホテル、など割とポピュラーな場所の他にも、地下鉄のトンネル、橋の上、テラスなど、屋内外問わず多種多様な場所が会場になります。

私の一押しは、18世紀頃の内装が残る、運河沿いにある建物の一室で行われるコンサートです。サロンコンサートの雰囲気が味わえて、これぞヨーロッパに来た甲斐があった、と思えますよ。

無料の屋外コンサートは、出入り自由なのでとっても気軽です。とはいえ、曲の途中では遠慮しましょう。フェスティバルの地図を頼りに、街を散策しながらあっちやこっちでクラシック聴き放題。まさにフェスティバルの醍醐味ですね。

赤ちゃんもOKなコンサートも


同時期に、「ジュニア運河フェスティバル」と題して、0歳児からOKの、子供向けプログラムもあります。クラシック音楽に親しんでもらおうと、子供も楽しめる工夫が凝らされた演出が満載です。

絵本をスライドで見せながらの生演奏や、参加型のイベントまで、年齢層に合わせたコンサートがあるので、お子さんにも楽しんでもらえますよ。

無料で聴ける!超一流コンサート



フェスティバル最大のハイライトは、「プリンス運河コンサート(Prinsengracht Concert)」。実は主催者は違うのですが、市内のど真ん中に流れるプリンス運河(Prinsengracht)の特設ステージで、超一流ミュージシャンが演奏します。

運河沿いだけではなく、ボートを持っていれば、船上で優雅に聴くことも出来るんです。公営テレビでもライブ放送される程なので、始まるかなり前から陣取っておかないと、演奏者を見るのは難しいですが、一見の価値ありです。

ちなみに、私がいた2006年には、超一流ピアニスト、ランランの演奏でした。普段のホールでは見られないノリの良さで、心がほっこり温まるコンサートでしたよ。

2017年の予定は?

今年2017年の開催期間は、8月11日から20日までの10日間です。気になる演奏者やコンサートの詳細ですが、まだ未定です。気になる人は、公式サイトをチェックして下さいね。

「運河フェスティバル」 公式サイト http://www.grachtenfestival.nl
「プリンス運河コンサート」公式サイト http://www.prinsengrachtconcert.nl

同時期に、アムステルダムでは「ロベコ サマーコンサート」が7月から8月、2ヶ月間に渡って行われます。かの有名なコンセルトヘボウが主な会場で、もちろんコンセルトヘボウ管弦楽団も出演します。オーケストラ好きには堪らないフェスティバル。興味のある方は、こちらもどうぞ。

まとめ

オランダ、アムステルダムで開催の「運河フェスティバル」では、

1.この機会でしか入れない場所でコンサートを聴ける
2.赤ちゃん連れでもOKなコンサートも多数
3.超一流の演奏が、無料で楽しめる

今年2017年の開催日は8月11日から20日までです。
本場ヨーロッパのクラシック音楽を満喫するいい機会です。是非お見逃しなく!


First picture By T. Kliphuis (WikiPortrait) [CC BY 3.0, GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons.
Second picture By Kleon3 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons.
Fourth picture By Takeaway (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons.

 オーケストラ曲の記事一覧