ピアノ学習者の憧れの曲として必ず上位に入る幻想即興曲。言わずと知れたショパンの名曲です。

バーン!と衝撃的な音と共に始まるほとばしる様な冒頭のテーマはあまりにも有名ですね。
ピアノ講師の立場からこの曲の気になる難易度と弾き方のコツをあげてみます。



難易度は?

全音のピアノピースではA~F難度の中で上級のEにランクされています。
・・・と言っても、全音のピアノピースの難易度表があてにならないのは常識。あんなに難しいのにこんな低い難易度なの?!っていう場合やその逆もよくあります。

実際に幻想即興曲がランクされてる難易度Eを見てみると、リストのラ・カンパネラ、愛の夢第3番など難曲と言われる上級曲も名を連ねています。

一概にランクEだよ!とは言えませんが、幻想即興曲は上級曲としては簡単な部類、中級レベルの上といったところでしょうか。教本レベルで言えばツェルニー30番が終わった頃、もしくはツェルニー40番の前半がしっかりと弾きこなせるようになった頃に挑戦するのが良いでしょう。

子供の頃からピアノを習っていてショパンのワルツ集ならどれも弾ける、ノクターンも何曲か弾きました、というくらいのレベルなら数カ月で弾きこなせるようになるでしょう。

弾き方のコツ1 クロスリズム


なんと言っても激しくも美しく流れるテーマがこの曲の最大の難関!!

このテーマは2分の2拍子なので、1拍の中に右手の16分音符が8個、左手は6連符という、いわゆるクロスリズムで出来ています。右手と左手が違うリズムを奏でる事で、脈打つような流れる音楽になっているわけですね。

まずは片手ずつがメトロノームなどに合わせてきっちり拍感を持って弾けることが重要です。これを省いてしまう人がとても多い!

本当にしっかり片手を弾きこんだかどうかによって、クロスリズムの仕上がりが変わってきます。

でもしないんですよね・・・
わかります・・・
よくわかります・・・・
だって私もしなかったから。
憧れの曲に挑戦する時って得てして皆さんそうなっちゃうんですよね。
早く両手にしたい!!
この曲弾ける私すごい!!
って。

いや、全然すごくないから。
なんなら片手練習してないクロスリズムなんて聴いてる側からしたらただの騒音ですから。
両手にしたい気持ちをぐっと抑えて、片手練習をしなさい!!
まずはそこからです。

真面目に片手練習に取り組むことが出来たら、次は両手で同時に弾く音をしっかり合わせます。
縦のラインが崩れないようによく合わせましょう。
右手と左手の感覚を良くするために、わざと違うリズムにして練習する、いわゆるリズム練習も効果的です。

左手はバスの部分(1拍目の最初と2拍目の最初にくる低い音)を気持ち大きく弾くと音楽が引き締まります。

ショパンらしい高音域に駆け抜けるような右手のパッセージの部分は出来るだけ鍵盤へのタッチを浅く軽くすると弾きやすくなります。

以上をちゃんと守って練習していけばクロスリズムも自然と流れるようになってきてくれます。

弾き方のコツ2 中盤の表現力

クロスリズムを攻略したら、中盤に現れる緩急の緩の部分でしっかりと歌心を持って表現します。
前半のクロスリズムがテクニカルの見せ場とするなら、この中盤の流れるような穏やかな部分は表現力の見せ場です。

ショパン独特の歌い方、柔らかい音色の作り方にはコツがあり、指を少し伸ばすようにして鍵盤を柔らかく打鍵します。

右手のメロディーは実際に声に出して歌ってみることも大切です。これはこの曲に限らず言えることですが、どこで息を吸い、どこで音楽が膨らんでいくのか、声に出して歌ってみるとわかることは多々あります。誰もいない時を見計らってオペラ歌手になったつもりで思いっきり歌ってみましょう!

また、左手はただの伴奏と気を抜かず、しっとりと右手の支えになるよう、優しくも芯のある音で弾きましょう。右手同様、少し指を伸ばし気味に、指の面積をたくさん鍵盤につけるイメージで弾くと柔らかなショパンらしい音が出やすくなります。


弾き方のコツ3 音楽を構成する力

この曲は激しい部分と愛が溢れるような穏やかな部分、そしてまた激しいテーマが現れるというサンドウィッチのような構成になっています。

最初から最後まで同じような弾き方や音色になってしまわないよう、十分に構成を考えて演奏する事が大切です。
その為には、音楽の山をどこに持ってくるのか、一番小さな部分、一番激しい部分、一番優しい部分・・・など、自分なりに全体像を把握することが重要になります。

テクニカル面が大変な曲ではありますが、指の動きばかり気を取られず、聴いてくれる人の気持ちになってみたり、どう聴いてほしいか、何を伝えたいのかという所が最終的にはとても大切ですね。

まとめ

幻想即興曲は誰もが知っている名曲なので、挑戦し甲斐がありますし、演奏できた時の達成感はとても大きいです。

しかし、誰もが知っている名曲ということは、裏を返せばたどたどしいお粗末な演奏では恥ずかしい思いをしてしまうという怖さもあります。
発表会や人前での演奏でかっこよくこの曲を演奏したいなら

1. クロスリズムの攻略
2. 中盤の表現力(柔らかな音色で演奏する)
3. 構成力を持って演奏する

この3つを肝に銘じて練習していきましょう!
きっと素敵な幻想即興曲に仕上がります。


「幻想即興曲」の無料楽譜
  • IMSLP(楽譜リンク
    1855年にシュレンジャー社から出版された楽譜です。
  • Mutopia Project(楽譜リンク
    最近整形されたきれいな楽譜です。
  • IMSLP(楽譜リンク
    上記2つはよく耳にするフォンタナ版ですが、こちらはショパンの自筆譜を起こしたルービンシュタイン版です。フォンタナ版での冒頭の左手のスフォルツァンドが、こちらではフォルテになっているのが特徴です。左手の音数が多く、全体的に繊細な作りになっています。無料楽譜ですがパブリックドメインではないのでご注意ください。Creative Commons Attribution 4.0ですので、楽譜の最後についているクレジットを消さないように使えば問題ありません。

 ピアノ曲の記事一覧