「練習方法」の記事一覧(2 / 31ページ目)

【おすすめのピアノ教材】定番の教材の難易度や進め方のポイントを解説!  

ピアノを習い始めた方も独学の方も、ピアノの基礎練習となる教本はとても大切です。 レッスンでは先生が用意してくれることが多いですが、自分で好きなものを選ぶ場合もあります。 昔から使われている「バイエル」や「バーナム」は、今・・・

退屈しない練習曲!「クラーマ―=ビューロー60の練習曲」の難易度について  

皆さん練習曲は何を弾かれていますか?やはり多くの方がツェルニーでしょうか? ツェルニーはたくさんの練習曲を書いており、初歩のものから上級のものまで幅広く作曲して作品を残してくれた作曲家ですが、練習曲を作曲したのはツェルニ・・・

実は意外に弾ける!?ツェルニー50番で弾きやすい曲4選☆難易度と弾き方  

ツェルニーの練習曲について ピアノを学習されているほとんどの方はツェルニーの練習曲を練習したことでしょう。 「ツェルニー30番」「ツェルニー40番」は馴染みはあると思いますが、ツェルニーの練習曲はその後「ツェルニー50番・・・

チャイコフスキー「四季」より11月「トロイカ」の難易度と弾き方のポイント♪  

チャイコフスキーというと交響曲やバレエ組曲など、オーケストラ曲のイメージが強いかと思います。 でも実は、ピアノ曲もたくさん作曲しているんですよ! 今回はチャイコフスキーのピアノ曲の中でもよく演奏されている「トロイカ(Tr・・・

ウェーバー「ピアノソナタ第1番第4楽章(無窮動)」の難易度と弾き方は?  

ウェーバーは、古典派後期~ロマン派初期の時代に活躍したドイツの作曲家です。 同じ時期で有名なベートーベンやシューベルトと比べると、あまり知られていないかもしれませんが… ピアノ曲や協奏曲、オペラなどたくさんの作品がありま・・・

べートーヴェン「ピアノソナタ第26番『告別』」全楽章の弾き方と難易度を解説!!  

ベートーヴェンの「ピアノソナタ第26番Op.81a」は1809年から1810年にかけて作曲され、「告別」という名前で呼ばれています。 この「告別」という名前は、作曲者自身により名付けられた数少ない標題のうちのひとつです。・・・

シューマン「ノヴェレッテン」全8曲のピアノ難易度順と特徴  

作曲家としては有名なシューマンですが、「トロイメライ」ぐらいしか一般的には知られていません。 またピアノを習っている方でもシューマンの曲で勉強するのは「ソナタ」「謝肉祭」「幻想小曲集」あたりだと思います。 しかし、実はシ・・・

実は難易度が高い!バッハ「ポロネーズト短調BWV Ahn.123」の弾き方と難易度  

どんな曲? 「ポロネーズト短調Ahn.123」は、J.S.バッハの2番目の妻アンナ・マグダレーナために編集した「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」の中に入っている曲です。 J.S.バッハが作曲した曲だけでなく、他の作・・・

シューマンの壮大な曲!「ノヴェレッテン第8番」の弾き方と難易度  

「ノヴェレッテン第8番」はどんな曲? 1838年に「トロイメライ」で有名なロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810-1856)によって作曲されました。 ノベレッテ(ノヴェレッテ・・・



ページの先頭へ