「曲の弾き方」の記事一覧

ブルグミュラー「18の練習曲」全曲の難易度順をピアノ講師が解説!  

ブルグミュラーというと「乗馬」や「アラベスク」が入っている「25の練習曲」Op.100をイメージされる方がほとんどだと思います。 彼の作品はそれだけではなく、「18の練習曲」Op.109と「12の練習曲」Op.104があ・・・

シューマン「子供の情景」全13曲のピアノ難易度順と作品解説!  

前回、ドビュッシーの「子供の領分」難易度順について書きましたが、今回はシューマンの「子供の情景」難易度順について書いていきたいと思います。 以前に「トロイメライ」、「アレグロ」について書いているので、シューマンの作品を取・・・

ドビュッシー「子供の領分」全曲の難易度順と弾き方をピアノ講師が解説!  

ドビュッシーについては以前、アラベスク第1番について記事を書いたのですが、今回は「子供の領分」について書いていきたいと思います。 彼は結婚もしていて子供もいましたが、子供が生まれる前までは女性関係がとんでもないことになっ・・・

エリック・サティとは?奇妙な作曲家をピアノ講師が徹底解説!  

サティという作曲家をご存知ですか? サティについては一般的にはあまり知られていないと思いますが「ジュ・トゥ・ヴ―」(あなたが欲しい)や今回取り上げる「ジムノペディ」は聴けばあの曲かとわかると思います。 サティの写真を見て・・・

ショパン作曲『黒鍵のエチュード』の難易度は?3つの弾き方のコツも!  

ピアノを弾く人であれば、憧れる人も多い作曲家のひとりが、フレデリック・ショパン(Frédéric François Chopin/1810 or 1809-1849)でしょう。 多くの有名な曲を世に残しているショパンです・・・

平吉毅州作曲『チューリップのラインダンス』♪難易度と弾き方をご紹介  

もはや、ピアノの発表会の定番曲といっても過言ではない、平吉毅州(ひらよし たけくに)作曲『チューリップのラインダンス』。 私自身、小学校低学年の頃に発表会で演奏した経験があります。 また、現役でピアノ講師をしている母の教・・・

ベートーヴェン「ロンド・ア・カプリッチョ」難易度と弾き方を解説!(失われた小銭への怒り)~転がる小銭が見えますか?それとも子犬が駆け抜けていますか?  

ベートーヴェンというと、どんなイメージをお持ちでしょうか?学校の音楽室に貼ってあった、あの、いかついお顔?それとも、「運命」に象徴されるような重厚な音楽? 実はそのベートーヴェン先生、軽やかでおもしろい作品もあります。そ・・・

メンデルスゾーン『春の歌』の難易度は?弾き方のポイントも解説♪  

メンデルゾーンのピアノ曲の中でも特に有名な曲の1つが、この『春の歌(Spring Song/Frühlingslied Op.62 No.6)』。 春の明るい陽射しの中、小鳥のかわいらしいさえずりが聞こえてきそうな曲です・・・

ショパン「ピアノ・ソナタ」難易度順!ソナタは古典派だけの作品ではない!  

ピアノ・ソナタと聞くとどの作曲家の作品を思い浮かべますか? 多くの作曲家がピアノ・ソナタを書いていますが、ソナタと言われてまずイメージするのはベートーヴェンやモーツァルト、ハイドンなどの古典派の作曲家ではないかと思います・・・

美しく弾きたい!バダジェフスカ『乙女の祈り』の難易度と弾き方は?  

以前ご紹介した、私がピアノを習い始めて最初に弾いてみたいと思っていた有名な曲、堂々第1位のバダジェフスカ作曲『乙女の祈り(Modlitwa dziewicy Op.4)』。1856年に発表された曲です。 あるドラマの中で・・・



ページの先頭へ