「ピアノ」の記事一覧

弾いて聴いて明るい気持ちに!誰もが楽しめる心華やぐピアノ名曲10選・難易度順~発表会にもおすすめ  

あなたの心が華やぐ瞬間はどんなときですか? 美味しいものを食べるとき、友達と楽しく過ごすとき等、人によってその場面は様々ですが、少しでも心が華やぐ時間があれば毎日はとても豊かなものになるかと思います。 ピアノにおいてもそ・・・

キーワード :  
クラシック音楽 シューベルト ショパン ドビュッシー ドボルザーク(ドヴォルザーク) ピアノ ブルグミュラー(ブルクミュラー) メンデルスゾーン モーツァルト ローデ 曲の弾き方 発表会 練習方法

ロシアを代表する作曲家!チャイコフスキー「四季」難易度順について!  

ロシアを代表する作曲家と言えば、まず初めに名前が上がるのはチャイコフスキーではないでしょうか? ラフマニノフやプロコフィエフなど他にもロシアの作曲家はいますが、一般的に知られていて、曲も多く知られているとなると圧倒的にチ・・・

キーワード :  
クラシック音楽 チャイコフスキー ピアノ 名盤 曲の弾き方 楽譜 練習方法

吹奏楽でも人気!もう一人の管弦楽の魔術師レスピーギの交響詩「ローマの松」名曲解説。松が見た悠久の古代ローマとは?トランペット超絶技巧曲!  

私がまだ中学生の頃、全日本吹奏楽コンクール支部大会でのこと。とても幻想的で圧倒的なパワーの音楽に出会ったのでした。 この世の音とは思えない宝石のようなきらびやかな音で曲は始まります。突如荘厳な曲調になったかと思うと美しい・・・

キーワード :  
イングリッシュホルン(コーラングレ) オーケストラ オーボエ クラシック音楽 クラリネット コントラバス チューバ ティンパニ トランペット トロンボーン ハープ ピアノ ブッキーナ ホルン ユーフォニアム(ユーフォニウム) ローマ ワーグナーチューバ 古楽器 名盤 吹奏楽 指揮 楽譜 水笛

個性を大切に!モーツァルト:ソナタK.545第2楽章の弾き方と難易度  

モーツァルトの『ソナタK.545』は、ソナタの中でも特に有名な作品ですね。特に第1楽章は、多くの人が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 ちなみに『ソナタK.545』は、第3楽章まであります。そして、この記事で・・・

キーワード :  
クラシック音楽 ピアノ モーツァルト 曲の弾き方 楽譜 練習方法

和音の厚みを大事に!ショパン『ポロネーズ第4番ハ短調』の弾き方と難易度  

ショパンの『ポロネーズ第4番ハ短調』、厳かで重厚感のある名曲です。 でもショパンのポロネーズというと、特に有名なのは第3番の『軍隊ポロネーズ』や第6番の『英雄ポロネーズ』ですよね。 もしかすると「第4番」と聴いても、いま・・・

キーワード :  
クラシック音楽 ショパン ピアノ 曲の弾き方 楽譜 練習方法

ストリーミングサービスを利用してみよう!Official髭男dismさんのおすすめ曲をご紹介~Amazon MusicやPrime Videoについて~  

皆さんは音楽をどこで聴くことが多いですか?家よりも車の中や外出先で聴くことの方が多いでしょうか? 現在、私達が録音された音楽を聴けるのは1877年にエジソンが録音する装置やレコードを発明してくれたからです。 初めはレコー・・・

キーワード :  
アニソン キーボード ギター クラシック音楽 サックス ジャズ ストリーミングサービス ドラム ヒーリングミュージック ピアノ ポップス ロック 映画 演歌・歌謡曲 藤原聡

光彩表現の極地、ドビュッシーの交響詩「海」楽譜付き名曲解説。葛飾北斎との関係とは?トランペット奏者海の世界に吸い込まれる?  

北斎はヤバいです。 葛飾北斎といえばこの多数の手の平が覆いかぶさって来るような富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」で有名ですね。この波の絵、表現力も素晴らしいのですが、当時としては信じられないほど精緻な描写がなされているのです。・・・

キーワード :  
イングリッシュホルン(コーラングレ) オーケストラ オーボエ クラシック音楽 コルネット ティンパニ トランペット ドビュッシー ハープ ピアノ フルート 名盤 弦楽器 指揮 楽譜 絵画 鉄琴

幻想的な音の響きを味わおう!ドビュッシー『夢(夢想)』の弾き方と難易度  

ドビュッシーの『夢(夢想)』。幻想的な旋律が独特な世界観を感じさせる、まさに珠玉の名作ですね。 ところが実際のところ、ドビュッシー先生ご本人はこの曲に対していろいろと不満があったようです。 この曲はドビュッシー先生がまだ・・・

キーワード :  
クラシック音楽 ドビュッシー ピアノ 曲の弾き方 楽譜 練習方法

ピアノ講師が解説!日本と世界のピアノ・コンクールについて  

コンクールとはどういう意味か知っていますか?コンクールはフランス語で、これを日本語に訳すと「競い合う」という意味になります。 ピアノ・コンクールはピアニストや音大の教授や准教授などの先生方が審査員となり、受験者を審査し順・・・

キーワード :  
コンクール ピアノ


ページの先頭へ