「ラヴェル」の記事一覧

ラヴェル「ラ・ヴァルス」名盤解説!狂乱のワルツ!トランペット奏者の指も回る回る!  

暗い空。見上げると暗雲の中から、おぼろげに、幻想的に人の姿が見えてきます。雲が少しずつ晴れてくると、次第にハッキリと2人の男女が踊っている姿が。そして徐々に音楽がざわめいてくる・・・さらに多くの人々が、大勢の人々がワルツ・・・

絵が眼の前に浮かんできそう!ムソルグスキー『展覧会の絵』を解説!  

19世紀のロシアに酒に溺れ仕事も休みがちになり友達も離れて行ってしまった、見るも無残な作曲家がいました。荒れ果てた生活をする彼は、働いても給料さえもらえないこともあったそうです。 しかしそんな彼は30代で誰もが耳を澄まし・・・

私のドタバタ体験記『亡き王女のためのパヴァーヌ』に挑んだ結果は?ラヴェルのピアノ難易度と弾き方  

『亡き王女のためのパヴァーヌ』(Pavane pour une infante défunte)は、フランスの作曲家モーリス・ラヴェル(1875-1937)が1899年、パリ音楽院在籍中に作曲したピアノ曲です(以下、『パ・・・

知らないなんて損!?ラヴェルのボレロを解説―ゼロから裏話まで―  

タン タタタ タン タタタ タンタン、タン タタタ タン タタタ タタタ タタタ――このリズムに聞き覚えはありませんか? これはラヴェルのボレロ、誰もが聴いたことのあるバレエ舞曲です。ボレロでは約15分間の演奏中ずっと同・・・

音の響きがとにかく素敵!ラヴェル「水の戯れ」難易度と弾き方のコツ!  

ラヴェルといえば、「ボレロ」の印象が強いかもしれませんが、ピアノ曲にも素敵な曲が多くあります。 ラヴェルのピアノ曲の中で1番有名なのは「亡き王女のためのパヴァーヌ」でしょうか。 オーケストラ版で聴いた方もいらっしゃると思・・・



ページの先頭へ