Chien の記事一覧

プロフィール


はじめまして、Chienと申します。
私の記事を読んで頂き、ありがとうございます。
上手くはありませんが、文章を書くのは好きで、こちらでクラシックの記事を書かせて頂いています。


ピアノを始めたのは、3歳の頃でした。それから小学生になるまでは、母のスパルタ教育を受けました(母はピアノの先生です)。

小学生になってからは、いろんな先生に習いました。
いい先生ばかりではなく、中には合わない先生もいて、嫌な思いもしました。

先生自身が弾けるとか、教える技術が素晴らしくても、人として良くないとダメなんだなと、子どもながらにその時思いました。

小学生になってからは、先生についてはいましたが、母はレッスンについて来ることが多かったので、レッスン内容は把握していました。家での練習は母が見るので、結局ほとんど毎日レッスンを受けているような状態でした。

上手く弾けず、母に手を叩かれた回数は、数え切れない程…
よけるとさらに怒られて、倍叩かれる!!他の家の子になりたいと何度思ったことか…

1番大変だったのは、中学生の時です。学校、部活、塾、習い事(英語、ソルフェージュ)、そしてピアノの日々。超多忙でした。毎日、とにかく忙しくて、いつも眠かったのを覚えています。

この頃の特技は、「ツェルニーを寝ながら弾くこと」でした。
塾や習い事から帰ってからピアノを弾いていたんですが、もう疲れ過ぎて、頭が寝ようとするんですよね。

でも、音を出していないと母に怒られるので、指だけ無意識に動かしていたんです。
「あ!何か音がする」と思って、目が覚めるんです。

すごくないですか??どうやって指を動かしていたんでしょうね??
残念ながら、今はもう出来ません。

そんな努力(!?)の積み重ねもあって、音高→音大へと進みました。そして、現在ピアノ講師をしております。

「小さい頃からピアノを続けて、本当にピアノが好きなんですね」とよく言われますが、単純に好きとは言えません。

今まで止めなかったわけですから、嫌いではないんでしょうが、止めたいと思ったことは何度かあります。じゃあ、音楽の道を捨てられるかと言われれば、出来ないと思います。

ピアノと私の関係は、好きとか嫌いとかそんな単純な言葉では片づけられません。色々と複雑です。

いつか、躊躇なくピアノが好きと言える日が来ると良いなと思っています。
来るかなぁ~??

3歳くらいの年齢におすすめのピアノ教本!ピアノ講師の私が解説♪  

これまで音楽やピアノに関する記事を多く書いて来ました。ピアノについての記事では教本についてや弾き方、難易度、難易度順について書いてきたのですが、今回は初歩だけに焦点を当てて書きたいと思います。 年齢問わず初めて弾く方や始・・・

ピアノのより良い弾き方、演奏におすすめの本をピアノ講師が解説!  

ヤマハなどの楽器店に行くと楽譜売り場には楽譜だけでなく、本も一緒に売られていることが多いと思います。一緒に売られている本にも目を向けてみて下さい。面白い本に出合うことができるかもしれません。 クラシック関係の本というのは・・・

プロコフィエフ「ピアノ・ソナタ」全9曲の解説と難易度順!  

近現代のレパートリーの1つとしてプロコフィエフの作品を取り入れているピアニストは少なくないと感じますが、一般的にはプロコフィエフという作曲家はそれ程知られている作曲家ではないのかもしれません。 一般的な話をすると近現代と・・・

メンデルスゾーン「無言歌集」全48曲の難易度順について  

今回は「無言歌集」の全曲難易度順について書いてみようと思います。 メンデルスゾーンについて書くのは2回目です。前回はメンデルスゾーンについてや「無言歌」とは何かなどを主なテーマにしました。 今回も同じく「無言歌集」のこと・・・

ショパンの「即興曲」全4曲の難易度順をピアノ講師が解説!  

ある程度成長されてからピアノを習いたい、弾きたいと思われる方達は何かしらの憧れ曲があるようです。その憧れの曲というのはクラシックでないこともあると思いますが、クラシックだった場合、ショパンの作品が多いのではないかと思いま・・・

ショパン「24の前奏曲(プレリュード)」Op.28全曲の難易度順!  

これまでショパンについてはいろいろ書いてきましたが、今回は「前奏曲」について書いてみたいと思います。 ショパンの「前奏曲」は「24曲の前奏曲」Op.28とOp.45と遺作のものがあり、それらを全部合わせると26曲あります・・・

シューマン「ユーゲントアルバム(子供のためのアルバム)」難易度順!  

シューマンの作品については「子供の情景」など色々書いて来ました。今回は「ユーゲントアルバム(子供のためのアルバム)」について書いていきたいと思います。 この「ユーゲントアルバム」という作品はシューマンらしさが凝縮されてい・・・

ブルグミュラー「18の練習曲」全曲の難易度順をピアノ講師が解説!  

ブルグミュラーというと「乗馬」や「アラベスク」が入っている「25の練習曲」Op.100をイメージされる方がほとんどだと思います。 彼の作品はそれだけではなく、「18の練習曲」Op.109と「12の練習曲」Op.104があ・・・

シューマン「子供の情景」全13曲のピアノ難易度順と作品解説!  

前回、ドビュッシーの「子供の領分」難易度順について書きましたが、今回はシューマンの「子供の情景」難易度順について書いていきたいと思います。 以前に「トロイメライ」、「アレグロ」について書いているので、シューマンの作品を取・・・



ページの先頭へ