「2018年10月」の記事一覧

ブルグミュラーの「狩り」の難易度は?かっこいいピアノの弾き⽅のコツ  

ブルグミュラー「25の練習曲」より「狩り」を弾いてみたいと思っている人、レッスンで宿題に出された!という人、そしてもう弾ける人まで(笑)、ピアノ歴20年近い筆者が自論も交えて弾き方などについて説明していきます。 ぜひこれ・・・

ピアノじゃない楽器が登場!?コンスタント・ベイスの弾き方と難易度~ギロック「ジャズスタイル・ピアノ曲集」より~  

あれ、なんでピアノじゃない絵が出ているの? 今回ご紹介する「コンスタント・ベイス」はこの楽器が登場します。どこで登場するのか予想しながら演奏動画をお聴きくださいね。 コンスタント・ベイスってどんな曲? 「コンスタント・ベ・・・

ランゲ「荒野のバラ」難易度と弾き方のポイントは?発表会におすすめ♪  

ランゲはロマン派時代に活躍したドイツの作曲家で、多くのピアノ作品を残しています。 この「荒野のバラ」という曲は「野ばら」というタイトルでも知られていて、発表会でよく弾かれている人気の曲です。 曲の長さは3分以内で、とても・・・

ブルグミュラー「無邪気」の難易度とピアノの弾き⽅のコツは?  

ブルグミュラーの「無邪気」をこれから弾く人へ、難易度についてや、弾き方のポイントを解説します! また、右手の音符がいきなり細かくて、びっくり!音階があって、難しい!など、お悩みにもお答えします。 ブルグミュラー「25の練・・・

ショパン「ノクターン第13番ハ短調Op.48-1」の難易度と弾き方を解説!!  

ショパンの作ったノクターン(夜想曲)はどれもとっても美しく、すばらしい芸術作品として今でも高い評価をうけている作品です! わたしもノクターンは大好きでよく弾きます。 その中でも最もお気に入りは13番のOp.48-1です。・・・

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」ピアノの弾き方と編曲による難易度の違い~教会の敬虔な雰囲気をピアノで再現~  

高い窓から差し込む陽の光。日常とは少し違う高揚した雰囲気。厳かに流れてくるパイプオルガンの音の重なり。これから入場してくる新郎新婦の姿を想像して心躍らせながら教会に入場する参列者。こんな光景、記憶にないでしょうか? バッ・・・

ベートーベン「ピアノソナタ第10番第1楽章」難易度と弾き方のポイント  

今回ご紹介するベートーベンのピアノソナタ第10番は、全音楽譜のソナタアルバム第1巻に収録されています。 この「ソナタアルバム」はソナチネ(初級~中級)が終わった後に中級~上級の第1歩としてよく使われる曲集で、いわゆるクラ・・・

ブルグミュラーのすなおな心の難易度は?弾き方は?はじめてのブルグミュラー  

ついに「ブルグミュラー」25の練習曲に入ったあなたへ!一曲目の「すなおな心(正直)」は難しいのかな?どうやって弾けば良い?そんな疑問に答えます。 いつかはこの曲を弾いてみたい!ブルグミュラーまでいってみたい!という方も、・・・

ギロック「ジャズスタイル・ピアノ曲集」の難易度順と楽な譜読みの方法について  

ギロック「ジャズスタイル・ピアノ曲集」について この曲集はアメリカ生まれのピアノ教師&作曲家であったウィリアム・L・ギロック(1917-1993)によって作曲されました。 全体的には中級者向け(ピアノの教本でいうとツェル・・・

ドビュッシー「ベルガマスク組曲プレリュード」難易度と弾き方  

ベルガマスク組曲は、ドビュッシーのピアノ曲の中でも人気の作品です。 特に第3曲目の「月の光」は有名ですよね。 今回ご紹介するのは第1曲目の「プレリュード」です。 プレリュードは「前奏曲」という意味で、組曲などの最初の曲に・・・



ページの先頭へ