セバスチャン小川 の記事一覧

プロフィール

セバスチャン小川(19XX年8月18日(ユリウス暦19XX年8月5日~))は、日本の元トランペット奏者および自称音楽研究家、クラシック音楽研究家。また謎の中国北派武術の使い手でもある。[要出典]

リハビリ練習中(2017年頃)
事故により上唇が負傷している様に見える。

生涯
蒲鉾が豊富な県出身。中学より吹奏楽部にてトランペットを始める。トランペットを某オーケストラ奏者に師事。後に「川の向こうの音楽大学」に進学。同大学および「上にある野原の音大」の両教授に師事。アンパンマントランペットを自身の子息に師事。大いに研鑽を積む。

日本各地において、ソロオーケストラ等で、そこそこ活躍し、まずまずの評価を受ける。ジャズにおいてアドリブができず立ちすくむこともあるが、勢いで乗り切る。ジャズファンクでは踊って、野球応援では気合で乗り切る。吹奏楽では周りの音に溶け込み、ソロでは開き直るなどの演奏スタイルをとる。暗がりを好むためオペラのオーケストラピットが最も落ち着く。

交通事故による活動休止
200X年自転車で走行中に軽トラックにはねられ、前歯と唇を損傷し演奏活動休止を余儀なくされる。しかし前歯をインプラントにし、唇を整形治療すれば以前よりうまく吹けると勝手に思い込み、8年の休止期間を経て練習を再開する。以降自己紹介と称して事故紹介!と、この件を紹介しウケを狙うが、5人に一人が微笑する程度である。

人物、エピソード
幼児期に叔父が遊び半分で吹いていたトランペットを聞き、そのあまりの音の大きさに驚き号泣する。その後、「伝説のトランペッター黒木」に多大な影響を受け、トランペット奏者を志す。長時間の練習であっても楽器を離さず、木口小平もラッパを口から放すほどの「練習マニア」である。[要出典]

楽器の機種ごとの特徴が、演奏技術上達にどの様な影響を与えるのかを日々研究している。主に中学高校の吹奏楽部員が良い研究対象となるため、じっくり観察するも不審者と間違われることも多々ある。

ノルウエーのトランペット奏者、オーレ・エドワルド・アントンセンの熱烈な崇拝者である。またドレスデン国立歌劇場管弦楽団の信奉者でもあり、所在地のザクセン州こそ音楽のメッカであると信じている。

自称音楽、クラシック音楽研究家として
中学高校にかけて所属していた吹奏楽部において、ワーグナーシベリウスの演奏をきっかけにクラシック音楽、特にオーケストラにはまり、小遣いのほぼ全てをCDや楽譜収集に費やすようになる。その傾倒ぶりは異常で、同じ曲でも異なる指揮者、オーケストラのものを15種類以上購入または図書館から借り、楽器のバランスを何度も比較、一人悦に浸っていた。

小学生の時に生涯で一番最初に購入したCDはカール・ベーム指揮ウィーンフィルのワーグナー前奏曲集とマイケル・ジャクソンのBADである。

ベートーヴェンの第九交響曲を初めて聴いた時「なんで4楽章の途中でマイケル・ジャクソンのヒールザ・ワールドが流れてくるんだ?!彼は当時から生きていたのか、やっぱり地球人じゃなかった!」と感動するポイントを間違えた。

スコアにある全ての音がハッキリ聴こえてくる演奏をとりわけ好む。

研究使用オーディオ機器
ソニーウォークマンNW-S756
ソニーヘッドフォンMDR-EX110AP/B


謎の武術家として
中国北派武術「地功拳」の達人といわれている。地功拳とは地面に自ら倒れ転げ回りながら戦う武術で、酔拳などもこの仲間である。幼少期にはすでに鍛錬をする姿が目撃されているが、場所がデパートの玩具売り場で、母親の目の前で演舞していたため「単なる駄々」との見方もある。

これについて本人は「一子相伝なれば秘伝ゆえに…」と明言を避けている。

外部リンク
これをご覧の皆様全員から¥1000ずつ寄付していただければ
この募金は今日にも終わります。

オーケストラオーディションに合格しよう!トランペット課題曲の難易度順からハイドン「トランペット協奏曲」の吹き方のコツまで  

世界中には数多くのオーケストラがあり、歴史の古い楽団から新しい楽団まで、様々な名曲を私達に聴かせてくれます。クラシック音楽ばかりでなく、ポップスでもジャズでも演歌でも、オーケストラはいつの時代でも楽しいものです。 「将来・・・

キーワード :  
オーケストラ クラシック音楽 トランペット ハイドン 古楽器 名盤 楽譜

トランペットを吹く!ショスタコーヴィチ「祝典序曲」op.96名盤名曲解説!吹奏楽版でもお馴染みのショスタコ入門曲!  

留まることなく疾走する音楽が盛り上がったところで、突然天から降ってくるようなトランペットのファンファーレ!朝日が昇るような爽快感。 演奏会ホールで聴いていると本当に上の方からファンファーレが聞こえてきます。舞台の上の階の・・・

キーワード :  
オーケストラ クラシック音楽 クラリネット ショスタコーヴィチ ジャズ スネアドラム トランペット トロンボーン フルート ホルン 名盤 吹奏楽 弦楽器 指揮

ベートーヴェン交響曲第3番「英雄」名曲名盤解説!ナチュラルトランペットとナチュラルホルンの魅力・ベートーヴェン編「トランペットで旋律ができないなら伴奏を吹けばいいじゃない」→革命だッ!!フランス革命戦争とナポレオンの功績とは?  

クラシック音楽に全く興味のない人でも、誰か知っている作曲家は?と聞けば、ベートーヴェンの名前を一番に挙げる人が多いのではないでしょうか。世界中の誰もが知っている超有名作曲家ですね。ベートーヴェンは9曲の素晴らしい交響曲を・・・

キーワード :  
オーケストラ クラシック音楽 ティンパニ トランペット バイオリン(ヴァイオリン) フランス フルート ベートーベン(ベートーヴェン) ホルン 古楽器 名盤 弦楽器 指揮 楽譜

ラヴェル「ラ・ヴァルス」名盤解説!狂乱のワルツ!トランペット奏者の指も回る回る!  

暗い空。見上げると暗雲の中から、おぼろげに、幻想的に人の姿が見えてきます。雲が少しずつ晴れてくると、次第にハッキリと2人の男女が踊っている姿が。そして徐々に音楽がざわめいてくる・・・さらに多くの人々が、大勢の人々がワルツ・・・

キーワード :  
オーケストラ オーボエ クラシック音楽 クラリネット トランペット ハープ バイオリン(ヴァイオリン) バスクラリネット バレエ ピアノ ファゴット フルート ラヴェル 名盤 弦楽器 打楽器 指揮 楽譜

シャブリエ「楽しい行進曲」&狂詩曲「スペイン」名盤解説。シャルル・デュトワ指揮のマジック!おフランスのトランペットはノリが命ザマス!  

飲めや歌え なにげなくラジオをつけてみると、マーラーの交響曲第6番の演奏が流れています。ほかの事をしながらBGMとして聞いていると、これが非常に良い音! 重厚過ぎず、かといってアッサリし過ぎない。明瞭で完璧なチカラ強い金・・・

キーワード :  
オーケストラ クラシック音楽 コルネット シャブリエ タンバリン トランペット トロンボーン ファゴット フランス ホルン 名盤 指揮 楽譜

R・シュトラウス交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」名盤解説!ニーチェ先生の思想とは?トランペット奏者よ、度胸をみせろ!永劫回帰もドンと来い!  

「何か違うんスよねー」 交響詩「ツァラトゥストラはこう語った(ツァラトゥストラはかく語りき)」の金管楽器セクション練習の時、3番トランペット奏者が何か悩んでいるようです。どうしたのか尋ねると、誰もが思う素直な答えが返って・・・

キーワード :  
イングリッシュホルン(コーラングレ) オーケストラ オーボエ クラシック音楽 クラリネット ティンパニ トランペット トロンボーン ニーチェ バイオリン(ヴァイオリン) パイプオルガン フルート ベル(鐘) ホルン マーラー リヒャルト・シュトラウス 名盤 指揮 映画 楽譜

マーラー交響曲第3番名盤解説!世界一長く美しい交響曲!大自然と宇宙の音楽をトランペット席からお届けします!  

ザルツブルクからウィーン行きの鉄道列車で数時間、途中駅でバスに乗り換え30分ほど揺られると目の前には美しい湖が広がります。遠くにも山脈が見え、見るもの全てが歓迎してくれているようです。 オーストリアでも有数の観光避暑地ア・・・

キーワード :  
オーケストラ オーストリア クラシック音楽 コルネット トランペット トロンボーン ニーチェ ブラームス ホルン マーラー 名盤 太鼓 楽譜

ブラームス交響曲第1番名盤紹介!ロータリートランペット解説!ブラームスはお嫌い?  

我輩は猫である。名前はまだない。 この有名な自己紹介から始まる小説。もちろんご存知の「我輩は猫である」です。きっと誰でも知っている夏目漱石の小説ですが、小説を全て読んだことがあるという人はどれ位いるでしょう。 私は高校生・・・

キーワード :  
オーケストラ オーボエ クラシック音楽 コントラバス コントラファゴット シューマン ティンパニ トランペット バイオリン(ヴァイオリン) バストロンボーン ブラームス ベートーベン(ベートーヴェン) ホルン ワーグナー 名盤 指揮 楽譜

ページの先頭へ