好物はパンと生卵を入れて煮込んだスープと茹でたマカロニにチーズをかけた料理。歴史に名を残すような超有名音楽家なのに好んで飲んでいたのはハンガリーのトカイで作られる安物ワインのトカイワイン。コーヒーにはこだわりがあり、飲むときは豆を自ら60粒数えて淹れていたんだとか。

さて、突然ですがこの歴史的音楽家は誰でしょうか?クイズからは想像できないかもしれませんが、答えは「ベートーヴェン」です。

ベートーヴェンはアルコール依存症の父を持ち、自身も28歳で最高度難聴者になり、生涯独身を貫きながらも恋多きプレイボーイとして知られていた・・・今回はそんな波乱万丈な人生を歩んだベートーヴェンの代表的な交響曲第5番「運命」Op.67を元オーケストラ団員でトランペット奏者の私が解説します。
 
ベートーヴェン交響曲第5番


曲が作られた背景

ベートーヴェン交響曲第5番は1807年から1808年にかけて作曲されました。ベートーヴェンが30代後半の時期に作曲されたこの曲はベートーヴェンの中期を代表する作品の一つとなっています。20代後半で耳が聞こえなくなったベートーヴェンは30代前半で死を望み遺書をしたためますが、それを乗り越え30代後半で交響曲第5番を完成させました。

ちなみに交響曲第5番が作曲された頃に生まれた有名音楽家にはベルリオーズ(1803年生まれ)やメンデルスゾーン(1809年生まれ)がいます。

ベートーヴェンはドイツ、オーストリア、チェコ、イタリア北部を中心に存在していた神聖ローマ帝国の出身です。その頃の神聖ローマ帝国は1805年のアウステルリッツの戦いで敗北し1806年にはナポレオンがライン同盟を結成、これによりドイツ南西部の16の地域が神聖ローマ帝国を離脱しました。これによりベートーヴェンの生まれた神聖ローマ帝国は名実とともに消滅。

交響曲第5番はちょうどその頃完成した交響曲です。


ベートーヴェン交響曲第5番

ベートーヴェンの交響曲第5番は極限まで絶対音楽の可能性が追求された楽曲だと言われています。「絶対音楽」とは「標題音楽」に対する言葉で物語や文学的なものを音楽で表現するのではなく、音楽そのものの美しさを追求して表現された音楽のこと。

ちなみにベートーヴェンの交響曲第6番「田園」は情景やイメージ、気分などを描写した標題音楽の先駆けとも言われ、ベートーヴェンが新たな標題音楽の基礎を築いていったと考えられています。

標題音楽の代表的なものとしてよく挙げられるのがムソルグスキーの展覧会の絵です。この曲はムソルグスキーが絵を見ながら展覧会を闊歩する様子を楽曲にしたものですね。

ムソルグスキーについて知りたい方はこちら
http://shirokuroneko.com/archives/5402.html

ベートーヴェンの交響曲第5番は

第1楽章 Allegro con brio
第2楽章 Andante con moto
第3楽章 Allegro.atacca
第4楽章 Allegro-Presto

の4楽章から成ります。
あの「ジャジャジャジャーン」のメロディは主に第1楽章で奏でられますが、最終楽章まで重要な動機として形を変えて登場しつづけます。


私とベートーヴェン交響曲第5番

この曲を演奏するにあたって指揮者の方がオーケストラ全体に対してこんなことを言いました。

「第1楽章は私の息が合図です」と。

動画の0:18〜を見てください。よく耳を澄ましていると指揮者が鼻から息を「スゥ」と吸う音が聞こえませんか?第1楽章の「ジャジャジャジャーン」はオーケストラと指揮者の息を合わせるのが非常に難しく、指揮者は息を大きく吸うことでオーケストラとのタイミングを合わせていました。1:37〜も指揮者の息を吸う音がよく聞こえますね。

個人的には第1楽章では6:09〜からのところが好きでした。トランペットの私が吹いている音を後押ししてくれるように弦楽器が演奏している箇所は、生オーケストラでカラオケを歌っているような気持ちよさで気分がものすごく高揚するのです。

打ち寄せる波のように「盛り上がって、引いて」「盛り上がって、引いて」を繰り返すことで脳の興奮度が上がる感じがしました。

さて、第2楽章は7:25〜から始まります。

トランペット奏者にとって一般的な交響曲において2楽章と3楽章は見せ場があまりなく、さらに曲によっては一度も出番がなく(アマチュアのオケメンバーだった私にとっては)クラシック鑑賞タイムにもなってしまうのですが、交響曲第5番については違います。

8:37〜の金管楽器のファンファーレは私のお気に入りでした。やはりトランペット奏者である私にとって一番の見せ場は会場の端まで鳴り響くファンファーレであり、当時の私はめいいっぱい息を吸ってラッパの先を思い切り上げてのびのびと吹くように心がけていました。

ちなみに動画の中のホルンにはバルブ(指で押すところ)がありませんよね。

このホルンは「ナチュラルホルン」と言い、19世紀前半まで一般的に用いられていました。バルブを持たず自然倍音のみを発音するナチュラルホルン。そのためこの頃のナチュラルホルンのパートは単純な音形に限られていたそうです。

17:13〜始まる第3楽章ではナチュラルホルンが大活躍します。17:30〜始まるホルンの奏でるテーマはたった4つの音しか吹いていないのにまるで運命に立ち向かうかのように毅然としていてカッコよくトランペット奏者の私は内心「なんでトランペットじゃないんだ」と不満に思っていました。

18:51〜の弦楽器の速弾きも痺れますよね。私は弦楽器が全く演奏できないので、特にチェロやコントラバスのような大きな楽器で小刻みな速弾きをする姿に今でも憧れています。

最後は24:06〜始まる第4楽章。

26:31〜などでみられる「ドーミーソーファミレドレドー」のファンファーレは素人の私にも吹きやすい音程でかつ吹いていて最高に気持ちの良い部分でした。キャッチーなのに洗練されていて力強くてパワーに満ち溢れている。これがベートーヴェンの追求した音楽の美しさなのかもしれません。

終わり方もジャーンという終わり方で最後の方は「終わったー!」という達成感でいっぱいでした。おそらく弦楽器の人の腕もヘトヘトだと思います。

まとめ

今回はベートーヴェンの交響曲第5番「運命」について解説していきました。

ちなみにこの交響曲は史上初めて交響曲にピッコロ、コントラファゴット、トロンボーンが使われた曲です。ピッコロやファゴットは今やオーケストラの定番楽器ですが、ベートーヴェンが初めて用いたのですね。

交響曲第5番の演奏テンポは指揮者によって大きく異なります。あなたもぜひ色々な演奏を聞いてみてください。