我輩は猫である。名前はまだない。

この有名な自己紹介から始まる小説。もちろんご存知の「我輩は猫である」です。きっと誰でも知っている夏目漱石の小説ですが、小説を全て読んだことがあるという人はどれ位いるでしょう。

私は高校生の時、ある先生からこの小説は数年か10年おきくらいに読み返すと、また違った面白さが見えてくる、と教えていただきました。はじめは理解できないことも人生経験を重ねて読むと、その歳によって違った味わいがあるというのです。

私が思うに、ブラームスの音楽もまた時間を重ねることによって新たに見えてくる良さがあると思うのです。

着想から完成まで約20年の歳月を要し、ベートーヴェンという巨人に挑んだブラームスの交響曲第1番を、今回もオーケストラのトランペット席からご紹介したいと思います。

地味だけど難しい!!

初めてブラームスの音楽、交響曲第1番を聴いたのは高校生の時でしたが、正直言って全く理解できない音楽でした。古典派の手法の音楽と言われますが、当時の私の耳にはむしろ現代音楽のように聞こえたのです。2番以降の交響曲も全て。

初めて聴いて最初に感じたのは、どこからどこまでが旋律なのかよくわからないことです。かろうじて4楽章の行進曲風のテーマがわかるけれど、旋律は最後まで歌われず、他の楽器に次々と受け渡され展開されていきます。何かスッキリしない。男らしく最後までキッチリうたわんかい!と感じたのです。

しかしこれがブラームスの特徴であり魅力なのです。その魅力に気づくまで長い時間がかかりました。


時が経って、大学生の時初めてブラームスの交響曲第1番を演奏する機会にめぐり合い、そしてまた時間が経ちました。当時聴いて感じたブラームスと今感じるブラームスはやはり違います。

当初は1楽章の最初がカッコいー!4楽章の行進曲カッコいー!くらいしか理解できませんでしたが、聴く、演奏するを繰り返すうちに旋律の向こう側にある奥深さが見えるようになってきました。

ブラームスは交響曲だけでなく管弦楽曲や協奏曲でのオーケストラの楽器の使い方も同時代の作曲家とは違っています。ベートーヴェンやシューマンのような、やや古典風なオーケストレーションです。

特にトランペット、トロンボーンは、当時ワーグナーやベルリオーズなどピストン機構の機能を充分活かし旋律や複雑なパッセージを使う華やかな曲が主流を占める中、時代に逆行する形で古典派の様なリズムや和音補強に使われています。

しかし、リズムや強弱の付け方は、ベートーヴェンなどの古典派とは全く違い、ロマン派特有のダイナミックな手法となっています。

例えば、トランペットパートにとって難しい箇所といえば、4楽章の最後の方盛大なコラールの後。裏拍、といっても二拍三連符での裏拍で入る音形などが難しいです。(後述の動画50:56~)


全然目立たず間違えても気づかれなさそうですが、正確にリズムが取れないと案外目立っちゃいます。でもあえて曖昧にしているとも思えるリズムは紛れもなくロマン派の音楽の特徴でもあります。

ベートーヴェンの壁を超えろ!


ブラームスの交響曲第1番は完成まで約20年を費やしたといわれています。

ブラームスは二十代の時にシューマンの「マンフレッド序曲」を聴いて感銘を受け、交響曲を作ろうと思い立ちました。

しかしながら完璧主義のブラームスは人生で最初の交響曲を自ら納得できるまで手直しをしながら長い時間を費やしました。気に入らなければ、ほぼ完成したものをドイツレクイエムやピアノ協奏曲に転用するなどかなりの試行錯誤を繰り返したようです。

それまで弦楽四重奏曲など室内楽、ドイツレクイエムなどの傑作を生み出してきて、いよいよ作曲家にとって総決算でもある交響曲に挑むにあたり、ブラームスはあえてワーグナーの様な行き過ぎた表現の、当時流行のスタイルではなく、伝統的なスタイルで挑みました。

しかしそれはシューマン、メンデルスゾーン、さらには最大の巨匠ベートーヴェンを超えるものでなくてはならないとブラームスは考えたのです。

それはまた同時に、ドイツの芸術音楽をワーグナーとは違ったやり方で打ち立てようとした、ともいえます。この交響曲第1番が初演された同じ年にワーグナーの最高傑作「ニーベルングの指輪」もバイロイト祝祭劇場のこけら落しとともに初演されています。

ブラームスはこの交響曲を知人に宛てた手紙の中で「あなたに面白い事を教えよう。この交響曲、長くて愛せない作品」と評しています。

ブラームスは非常に人付き合いが苦手で心を許した人物にしか冗談を言いませんでした。手紙自体は冗談半分ですが、長くて愛せない作品、という言葉はこの曲をズバリ言い表していると思います。

当時の名指揮者ハンス・フォン・ビューローはこの曲をベートーヴェンの交響曲第10番と例えていますが、すでにブラームスは真の意味でベートーヴェンを継承しつつ、その壁を超えたと私は思います。

重戦車交響曲


この作曲者自ら「長くて愛せない」と評した交響曲第1番、美しい旋律はほとんどありません。2楽章は確かに綺麗ですが、美しいというよりは何かを求めて期待している、それが叶わなくて、つい空を見上げてしまう様な曲です(私がそう思うだけかも)。3楽章もほんの束の間の休憩程度。あとはガッチリした、もっと言えばパンチのきいた音楽が全楽章に渡って展開されます。

重厚な和音に単純ではない動きをする伴奏、その伴奏も旋律と融合したり、縦に横にスキのない構造がブラームスの音楽の特徴だと思います。

キャタピラの様に連なりながら障害をものともしない前進力の旋律と大砲の様に何かに狙いを定めるリズム感。絶対女の子ウケしないイカツイ形状のゴツゴツした和音と音色の迷彩塗装。そして男は黙ってストレートにハ短調(?!)!ブラームスの交響曲第1番を何かに表現するとしたら、まさに重戦車そのものです。

そのどんな障害があっても突き進む前進力こそ、この曲の最大の魅力であるといえます。



第1楽章

第1楽章の冒頭は一度聴いたら忘れられない雄大で親しみやすい前奏(0:24~)。ティンパニとコントラバス、そして巨大なファゴットのコントラファゴットによる6/8拍子の三つ打ちに乗せて、何かとてつもないことが始まりそうな雄大な旋律で曲が始まります。

演奏する際にはついつい力が入ってしまいがちですが強弱記号はf(フォルテ)となっているので注意が必要です。ff(フォルテシモ)は後ほど出てきます。

印象的な前奏が終わると主要部が始まります。ここで初めてff(フォルテシモ)が出てきます(3:31~)。行進曲風の第一主題で6/8拍子の三つ刻みの重厚な伴奏が特徴です。一瞬曇り空が晴れて、光が差すような第二主題が入りますが(5:05~)、すぐに重厚な旋律へと移ります。

そしてベートーヴェンの交響曲のように再現部は少し手前から、トランペットのファンファーレのような動機からしだいにクライマックスへ(13:08~)、なだれ込むように開始されます。終結部は打って変って静かに閉じられます。

もしオーケストラスコアを見る機会があれば着目していただきたいのですが、この一楽章はほとんどが数種類の同じ音形のみを使って、パズルのように構築されています。ベートーヴェンの「運命」交響曲とも共通するこの手法は、ブラームスの音楽を特徴付ける主要な要素の1つです。

第2楽章

緩徐楽章ですがどこか厳しさをたたえた、祈るような内省的な旋律です(18:42~)。途中にオーボエの印象的なソロが(19:55~)、そして終結部はそのオーケストラのコンサートマスター(指揮者のすぐ左手の第一ヴァイオリン奏者。首席奏者でオケの音楽上のまとめ役)によるソロがあります(25:05~)。演奏会の顔といってもいいくらい重要なソロです。

第3楽章

厳しさの続く1,2楽章を経て、全曲中唯一癒される間奏曲です(28:28~)。寒い冬に暖炉のある暖かい部屋でくつろぐような安心感があります。中間部ではトランペットの綺麗なアルペジオが印象的に聞こえてきます(31:13~わかり難いかも)。これはリップスラーというやや難しい奏法で、唇のみで音を上げていく必要があるのですが、後に説明するロータリートランペットで演奏すると非常にスムーズにできます。

本来伝統的な交響曲では3楽章にメヌエットなどの3拍子の舞曲風の曲が置かれますが、ブラームスの4つの交響曲では2拍子のやや間奏曲風の親しみやすい曲が配置されています。

第4楽章

1楽章のような荒廃的な雰囲気で静かに開始されます(33:48~)。弦楽器のピチカートによる緊張感のあるやり取りがあり、次第に盛り上がりクライマックスを迎えると、突如日の光が差すような雰囲気の中、ホルンによるアルプスを思わせる旋律が吹かれます(36:28~)

この印象的な旋律にブラームスは歌詞をつけて、想いを寄せた生涯のよき理解者でもあるシューマンの夫人、クララ・シューマンへ、誕生日のお祝いとして贈りました。

「高い山から、深い谷から、君に何千回も挨拶しよう」(ウィキペディアより)

次にトロンボーンによるコラールが奏され(37:47~ ベートーヴェンの交響曲のように4楽章からトロンボーンが入る)、引き継ぐようにホルンが再び旋律を吹き、アルプスの頂上にいるかのような感動で盛り上がります。この箇所はワーグナーの「ラインの黄金」の神々がヴァルハラ城へ渡る時の雰囲気にも似ています。ここまでが前奏です。

そして有名な行進曲風の主題(38:59~)。行進曲のようにも聞こえるこの旋律は正にドイツらしい質実剛健さがあります。旋律を明確にさせないブラームスの他の曲と違い、ハッキリとした意思のある旋律で一度聞いたら忘れられない名旋律です。(この旋律はベートーヴェンの第9の旋律を模倣しているともいわれますが、私はまったく違うと思います)

前奏のアルプス風ホルンと行進曲風の旋律が次々展開され、いったん曲が収まったところから(49:28~)コントラファゴットとバストロンボーン、低弦による低音と木管楽器による掛け合いが次第に盛り上がりをみせ、終にはハッキリとしたリズムで終結部に入ります(50:19~)

前進力のある弦楽器群のリズムの刻みがスピード感を増していき、次に前奏でのトロンボーンのコラールが、金管楽器と弦楽器にコントラファゴットの低音が加わり盛大に奏されます(50:38~)

そしてちょっと難しい3連符の裏拍のリズムで展開し(50:56~)、ティンパニの熱い強打(51:12~)!最後はバストロンボーンと低弦、ファゴットによる熱いアルペジオが奏され(51:34~)、シンプルに、豪快にドミソドのC長調の和音で終わります。

時代と逆行してるゥー?

ブラームスの金管楽器の使い方としては、同時代のワーグナーやブルックナーの様に旋律を華々しく吹かせたりすることはあまりありません。ベートーヴェンやモーツアルトの様なリズムや和音の補強としての役割を担わせているという特徴があります。新たな奏法が次々確立される中、時代と逆行するかたちの様ですが、ブラームスが金管楽器の機能について無知だったわけではないようです。

実際ブラームスのオーケストラ曲を演奏すると、随所に速いパッセージがあったりします。特に交響曲2番の最後やハンガリー舞曲6番などで聴かせどころがあります。また大学祝典序曲でも、この時代のトランペットだからこそできるアンサンブルがあります。

しかしながらいずれもワーグナーの様にあからさまではなく、古典派風の雰囲気を残した楽器の使い方の様に感じられます。

私のロータリートランペット体験記!

ロータリートランペットって何が違うの?

さて、ここでブラームスを演奏する際のトランペットの特徴をご紹介したいと思いますが、まずピストンのトランペットかロータリーのトランペットを使うかでオーケストラ全体の響きまで変わってきます。

私がこの交響曲第1番を初めて演奏することになった当時はまだ経験が浅く、周りの楽器とのバランスがよくわからないままただ楽譜通りの強弱記号で吹いていたのですが、その度に指揮者から「トランペットさん音大きいヨー」と注意されたものです。

音が大きくたっていいじゃないか。トランペットだもの。

しかし音量を抑えても、なんとなくブラームスの音楽らしい音色を合わせることができず、浮いた感じの、目立ちすぎる音になります。何が違うのかが中々わかりませんでした。

世界一高いトランペット?

「この楽器でやってみて」

その時に2番トランペットを担当した方はピストントランペットとは違う横型のトランペット、ロータリートランペットを使っていました。なかなか思う様に音が合わせられない私にロータリートランペットを貸してくれたのです。初めて実物のロータリートランペットを見たのも吹いたのも、その時でした。

見るからに高価そうな作り、ピストンにはない複雑な機構…


そして早速吹いてみると…

オーケストラと合う!!ピストントランペットとは全く違う音の感触です!同じトランペットのはずなのに弦楽器、木管楽器の音色によく溶け込みます。ピストントランペットと同じ様に目一杯吹いても全く浮いてしまうことがありません。

その反面ピストントランペットより吹いた時の息の抵抗感が強く、ややスタミナを消耗しやすいです。それでもこの抵抗感なら確かにワーグナーやリヒャルト・シュトラウスのオケ曲の様な太い音で演奏できそうです。

それにしてもこのロータリートランペット、金メッキでベルの部分にも精巧で見事な彫刻が施されています。細部の作りも明らかに職人のただならぬ技術を感じます。

「凄い楽器ッスね、いくらするンですか?」と聞いた所

「120万くらい。レヒナーの特注品。本番終わるまで貸してあげるよ^ ^」

「ヒエッ…!!」

当時まだ学生だった私は、将来いつかこれくらい高い楽器が買える様になりたいなー、と夢見ながらもブラームスの金管楽器の使用法がなんとなく理解できた様な気がしました。

ロータリートランペットの仲間たち

ここで、これからロータリートランペットを買おうかなと考えている方に簡単にその種類や特徴をご紹介しましょう。

参考URL
https://www.yamano-music.co.jp/a/shops/windcrew/trumpet/rotary/basicknowledge


こちらでも紹介されていますが、ロータリートランペットはピストントランペットに比べ柔らかい、というより弦楽器や木管楽器に近い音色だといえます。なのでオーケストラでは強く吹いても浮き立ちすぎることはなく、オーケストラによく溶け込み、オーケストラ全体の音色にも厚みが増します。

大きく分けてドレスデンタイプ、ウィーンタイプ、そしてケルンタイプの3つの種類があります。

・ドレスデンタイプ

やや小振りな楽器で、ベルも小さく柔らかい音色が特徴です。弱音でも音が安定しやすく、小編成の室内楽から大編成のオーケストラ曲まで幅広く対応できます。400年近い歴史を持つドレスデン国立歌劇場管弦楽団の要望に応えながら、長い時間をかけて現在の形ができあがりました。

ベルの先端部分を二枚重ねたものが多く、上から重ねたベルの部分を「ベルクランツ」といいます。音が響き過ぎないようにするためのものといわれることもありますが、響きを止めるというよりは角の立たない音色のための工夫といえます。

https://twitter.com/okubokangakki/status/851351818869260288

・ウィーンタイプ

見た目はドレスデンタイプとほぼ同じですが、音色はよりはっきりした輪郭を持ちます。ウィーンフィルの音色を想定して作られました。先ほど私がお借りしたレヒナー社の120万の楽器がこのタイプです。

まさにブラームスにぴったりの楽器です。ベルクランツのない楽器でしたが、見事なタトゥー・・・いや、彫刻が施されていました。

・ケルンタイプ

楽器自体がやや大きく重く、特にベルの大きさが普通のピストントランペットより大きいです。マウスパイプも太く、吹きこなすのが少し大変ですが出てくる音はまさにワーグナーのような太い音です。楽器が大きくほかのタイプと形状が若干違うため、ケースが他のタイプと併用できず、持ち運びにやや不便です・・・

120万の楽器を買う夢はまだ叶いませんが、このブラームス1番交響曲の演奏後から、私はこのタイプを使用しています。

ケルンタイプ


もうひとつ、ロータリートランペットの特徴として、オクターブキーと呼ばれるツバ抜きのようなキーが付いているものがあります。リヒャルト・シュトラウスの曲などで頻繁に高音域が出てくる場合、このキーを押して穴を開けると音を当てやすくすることができます。木管楽器のオクターブキーと同じ要領です。

ただ、これは私の意見ですが、音色が変わるなど一長一短な面もあります。これについてはまた別の曲でご紹介しましょう。

いずれにしてもロータリートランペットは、ほとんどが40〜60万円以上する高額な楽器です。自分が目指すジャンルや音色を想定して慎重に選びましょう。

名盤紹介

まさに名曲中の名曲ですのですばらしい演奏ばかりです。その中でも特に「熱い」演奏、あるいは「暑苦しい」演奏をご紹介しましょう。

ウィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリンフィル(1952年の録音)

ウェーバー : 歌劇 「魔弾の射手」 序曲 | ブラームス : 交響曲 第1番(Weber : ''Der Freischutz'' Overture | Brahms : Symphony No.1 / Wilhelm Furtwangler, Berlin Philharmonic Orchestra) (1952, Berlin)
ウェーバー : 歌劇 「魔弾の射手」 序曲 | ブラームス : 交響曲 第1番(Weber : ”Der Freischutz” Overture | Brahms : Symphony No.1 / Wilhelm Furtwangler, Berlin Philharmonic Orchestra) (1952, Berlin)

ブラームス:交響曲第1番/グルック:「アルチェステ」序曲
ブラームス:交響曲第1番/グルック:「アルチェステ」序曲

ステレオ録音のみをご紹介しようと思いましたが、録音の古さを超えて演奏があまりにも素晴らしいのでここにご紹介します。

フルトヴェングラーはベートーヴェンやワーグナー、ブルックナーなどなど多くの名演名盤を残しています。レコードが普及し、一般の人でもクラシック音楽を楽しめる様になった当時フルトヴェングラーの活躍は大きなものだったといえます。

そればかりでなく丁寧なアンサンブルに加え19世紀の演奏スタイルを残した貴重な録音でもあります。

フルトヴェングラーのブラームスはウィーンフィル、北ドイツ放送交響楽団など数種類の録音がありますが、この1952年のベルリンフィルの録音がずば抜けて「熱い」です。録音の古さが全く気にならず、何度も聴きたくなる演奏です。

特に4楽章の行進曲風の旋律の、随所で間を取る歌わせ方や、テンポを大胆に揺らしたり等、思い切った表現をしています。そして何といっても金管楽器が熱いです!最後の音まで力強く、聴き終わった後の満足感が最も大きい演奏です。

この録音自体様々なレコード会社から販売されていた様でジャケットなど異なるものがありますが、現在信頼して入手できるのはこの2つのようです。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリンフィル

ブラームス:交響曲第1番&第2番&第3番&第4番
ブラームス:交響曲第1番&第2番&第3番&第4番

フルトヴェングラーと同じベルフィルの演奏です。ブラームスらしい重厚な、重戦車のようなブラームスを聴きたければこの盤がオススメです。

カラヤンのベルリンフィルへのアプローチは「分厚い音」です。現代の私達がイメージするドイツ的な響きとは正にこの盤ではないでしょうか。

ギュンター・ヴァント/北ドイツ放送交響楽団

ブラームス:交響曲全集
ブラームス:交響曲全集

このブラームスが1番正しいです!

この盤が発売された時、そのアッサリしすぎる前奏に賛否両論ありました。私達がイメージする映画音楽のような壮大な遅いテンポでの演奏ではなく、軽めのテンポです。しかしこれが楽譜に忠実な演奏だと思います。

作曲者自身が書いた楽譜にはff(フォルテシモ)ではなくf(フォルテ)とあり、ffは後ほど出てきます。軽めのテンポも作曲者の意図といえます。

つい最近NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団という名前に変わったようです。ブラームスの生まれ故郷の港町ハンブルクを拠点とする、透明感のある音が特徴のすばらしいオーケストラです。

セルジュ・チェリビダッケ/ミュンヘンフィル

ブラームス:交響曲第1番、「ドイツ・レクイエム」/Brahms: German Requiem Symphony no.1
ブラームス:交響曲第1番、「ドイツ・レクイエム」/Brahms: German Requiem Symphony no.1

カラヤン以上に分厚い演奏です。分厚さを通り越して、いい意味で「暑苦しい」演奏です。非常に分厚く遅い演奏ですが、各楽器は明瞭な音で濁った音がしないのがチェリビダッケ/ミュンヘンフィルの特徴です。特に1楽章のトランペットや4楽章のホルン、トロンボーンのアンサンブルが綺麗です。

ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団

ブラームス:交響曲第1番
ブラームス:交響曲第1番

ツッコミ所がない演奏とはこのことで、どの部分を聴いても完璧なアンサンブルです。ショルティもヴァントほどではありませんが、1楽章の前奏は力を入れすぎずほんの少しアッサリと演奏しています。

楽譜には1楽章の提示部と呼ばれる、AメロBメロ部分を繰り返すように書かれていますが、ほとんどは省略されます。このショルティ盤は楽譜通りに繰り返しているので、1楽章はやや長めに感じます。

その他にもブルーノワルター、シャルル・ミンシュ、サイモン・ラトル、カール・ベーム、ジュリーニなどなど素晴らしい演奏がまだまだあります。

ブラームスの先生たち


ブラームスの生家のあるアパート。一階の階段を登って左側の部屋。1943年のハンブルク大空襲で焼失した。

ブラームスが本格的に師事した教師は二人のみです。しかし二人とも隠れた才能を見出し引き出すことのできた素晴らしい音楽家でした。

ブラームスの父は音楽家を目指した人物で、港町ハンブルクの決して地位の高くない劇場楽団のコントラバス奏者でした。ブラームスの生家はそれこそ映画に出てきそうな狭いアパートの一室だったのです。幼少の頃のブラームスに最初に手ほどきをしたのは父でした。

家計は苦しくとも教育だけはきちんとさせたいと願った父は、息子ヨハネスをピアノの名教師であるオットー・フリードリヒ・コッセルに師事させてピアノを習わせました。

コッセルはブラームスの才能をいち早く見抜いていました。ブラームスが10歳の時にはコンサートで弾くくらいの才能を発揮していましたが、この時の演奏を聴いたアメリカ人のプロデューサーが、この子をアメリカで売り出したらお金になるとブラームスの両親を説得します。

その申し出を両親は喜んで受けましたがコッセルは断固反対しました。素晴らしい才能を見世物的な仕事に就かせ大衆音楽演奏家として終わらせるより、さらに才能を育てて伸ばしたいと思ったのです。そこでコッセルの師である作曲家エドゥアルト・マルクスゼンに師事させます。

そのマルクスゼンの徹底的な基礎の指導により、隙のない質実剛健な作曲家が誕生し私達の耳に届いたといっても過言ではありません。

エドゥアルト・マルクスゼン(1806~1887)ブラームスの唯一の作曲の師匠

ブラームス家は貧しく、13歳の頃には港の居酒屋でピアノの演奏の仕事をして家計を助けていました。深夜に及ぶ仕事で激務だったらしく、少年ブラームスは衰弱しフラフラになって歩いている様子が目撃されていたようです。

しかし、居酒屋で酔っ払っていい気持ちで少年の弾くピアノに耳を傾けていた船乗り達は、まさか後の大音楽家になる人物の演奏を聴いているとは思いもしなかったでしょう。


ブラームスは最初の交響曲を生み出す長い期間、作曲活動よりもピアニストとしての演奏活動に重点を置いていました。

ハンガリー出身のヴァイオリニスト、エドゥアルト・レメーニと共に音楽武者修行でもある演奏旅行をしています。ブラームスはこのレメーニからハンガリーのジプシー音楽を学びました。後のハンガリー舞曲などに活かされ、ブラームスの作曲スタイルにも大きな影響を与えています。

ちなみにこのレメーニは晩年に日本にも演奏旅行に訪れ、明治天皇の前でも演奏しています。初めて女性皇族も洋装したのがこの時の演奏会でした。

このレメーニとの出会いから、当時活躍していた名ヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒムやフランツ・リスト、そしてブラームスの音楽と人生に多大な影響を与えることとなるシューマン夫妻と出会うこととなります。

若かりし日のレメーニとブラームス。座っているのがレメーニ。立っているのはブラームス。

ブラームス、和の音楽に触れる!

録音技術が発明されてから様々な音楽がSP、レコード、CDに録音され、時間も場所も越えて聴かれてきました。そして現在はインターネットでダウンロードして気軽に聴くことができる素晴らしい時代です!ところで、人類で最初にレコーディングをしたプロの演奏家は誰だと思いますか?

実はブラームスなのです!



最初のナレーションは、以前はブラームス本人の声と言われていましたが、録音技術を発明した発明王で有名なエジソンの代理人テオ・ヴァンゲマンという人だったようです。ブラームス本人によるハンガリー舞曲第一番のピアノ演奏ですが録音はほとんど聞き取れません・・・残念ながら戦争中に損傷し、音が大きく劣化してしまったらしいです。

この録音当日、ブラームスはひどく不機嫌だったらしく、さっさと演奏を始めてしまいそうだったので、ヴァンゲマン氏は急いでナレーションを入れたそうです。

またブラームスは晩年に日本のお琴を聴き、またそのお琴の楽譜にメモを書き込んでおり、日本の旋律にも興味を持っていたようです。確かにピアノ曲のラプソディー作品79に日本の「さくらさくら」を思わせる旋律があります。ブラームスがもう少し長生きをしていたら、もしかすると日本を題材にした曲を生み出していたかもしれませんね。


First score By Quinn Mason (What I Make of It Publications, 2014), CC-BY 4.0, via IMSLP.
The picture of heavy tank By Bundesarchiv, Bild 101I-721-0397-29 / Wagner / CC-BY-SA 3.0 [CC BY-SA 3.0 de], via Wikimedia Commons.
The picture of German trumpet By Aichas (german WP) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons.