ピアノ曲が好きな方であれば、聞いたことがある人も多いベートーヴェンの悲愴ソナタ。第一楽章から第三楽章まで、全編が「名曲!」と思えるような素晴らしい楽曲ですよね。

私も中学生のころにこのソナタに挑戦をして長い間演奏をしてきましたが、技術的な難易度もありますし、各楽章でさまざまな演奏技術が必要になるし、全編を上手に弾くのはいまでも結構大変です。

今回は悲愴ソナタの中でも一番難しいとされる第一楽章の難易度と、「上手だね!」と思わせるための弾き方のコツを3つにまとめて紹介します



ベートーヴェン「悲愴(第一楽章)」の難易度


悲愴ソナタは「全音」の難易度評価で「D(中級上)」に分類されています。この「D(中級上)」という評価は3楽章あるなかで第一楽章に対する評価になるといわれます。右手、左手ともに8分音符のトレモロやパッセージがたくさん出現するので、音を外さないように弾けるようになるまで私も何回も練習しました。

どのくらいの経験年数があれば弾けるようになるかについては当然個人差がありますが、私の場合は、5歳からピアノを始めて中学3年生ぐらいのころ弾けるようになりました。なので、おおむね経験年数10年というところです。

専門的にピアノを勉強している人でなければ弾けないというレベルの曲では全くないですし、ピアノの魅力たっぷりの有名曲なので、是非マスターできるよう頑張っていきましょう!

上手に弾くコツ(1) 一定のテンポを心がけよう


第一楽章はGraveというゆっくりしたテンポの部分と、Allegro molto e con brioの部分で大きくテンポが変わりますが、Allegroの部分は8分音符のトレモロやパッセージが絶え間なく続いていて、イメージとしては急行列車が一定の速度で走っていくような、疾走感を大事にしたい楽章です。

急行列車がノンストップで走って行っているのに、突然急ブレーキがふまれたり、頻繁にスピードが速くなったり遅くなったりしたら、なんか突然腰を折られたような感じがして「イラッ!」としてしまいますよね。

なので、悲愴ソナタの第一楽章のように一定の長さの音(この場合だと8分音符ですが)が連続する場合の弾き方としては、あまり速度を変えずに一定のテンポを守って演奏することがおススメです。

テンポの揺れを入れないと機械的な感じの演奏になりがちと思われますが、第一楽章の場合にはGraveがとてもドラマチックにゆっくりとした音の進行で曲を印象づけてくれます。なので、それ以外の部分は逆に機械的・精密なイメージにすることでコントラストがはっきりして上手な印象になると思いますよ!

上手に弾くコツ(2) 対旋律をきれいに歌おう


悲愴の第一楽章は古典派のソナタらしく、右手がメロディー、左手が伴奏という構成が基本になっています。

クラシック音楽のピアノを弾いているとこの構成は多いので(もちろんバッハのようなバロック期の曲は全くちがいますが)、メロディーラインをしっかり出そうとすると自然と右手のほうに意識がいきがちではないでしょうか?

ですが、悲愴の第一楽章のメロディーをきれいに弾くためには、ぜひ左手のメロディーに意識をむけてください!

Allegro部の左手の楽譜をよく見てみましょう。1拍目や3拍目が全音符や2分音符になっている部分がありますよね。この部分を弾く場合には是非、単に指定された長さで弾くだけではなく、メロディーとして歌えるようになることを目指して練習してください。

私が特にきれいな対旋律だなと思うのは、第一楽章のなかでも一番の盛り上がりを見せる、この部分です!(冒頭にある動画の2:40~2:46あたりの箇所です)


E♭→C→A♭→B♭と動いていく対旋律と右手のパッセージを聴き分けながら弾けるようになれば、演奏に立体感がでて聴いている人も「上手!」と思ってくれますよ!

上手に弾くコツ(3) スタッカートを短く弾きすぎないようにしよう


悲愴(第一楽章)の楽譜をみると沢山のスタッカートがありますよね!スタッカートというと一般的には「歯切れよく」「一音一音を短く切り離して」弾くというイメージで、本来の音の長さの半分くらいで弾くとされています。

ただ、悲愴の第一楽章でその意味通りに受け取って弾いてしまうと、せっかくGraveで表現した絶望感や苦悩のイメージからかけ離れて、「ピョンピョンはねる」というか「ノリノリ」というような演奏になってしまい、せっかくの迫力が台無しになってしまいます!

なので、弾き方としては短く切って演奏するのではなく、「アクセント」なり「力点」というようなイメージで、音の長さとしては「メゾ・スタッカート」で弾きましょう。そうすることで、ベートーヴェンの苦悩やいら立ちが頭の中を高速で駆け巡っているような楽想が見事に表現できると思います!

悲愴ソナタの難易度と上手に弾くための弾き方まとめ


1.ベートーヴェンの悲愴ソナタの難易度は「D(中級上)」
2.Allegro部は一定のテンポを守って弾くことで、複雑なテンポのGrave部とのコントラストを演出しましょう。
3.対旋律をきれいに歌うことで、演奏に立体感をだしましょう。
4.スタッカートの意味を正しく理解し、苦悩、いら立ちという楽想を表現しましょう。
以上のコツを使って、悲愴(第一楽章)を是非自分のものにしてくださいね!