ベースを使うエレクトーンにとって、シューズ選びはすごく大事なことです。
とくに、敏感な子供さんにとってはかなり重要な作業になることでしょう。

私も、シューズは行く先々で履きまくり、失敗を積み重ね、自分の納得できる一足を見つけました。

コンサートでは、たまに裸足で弾く生徒さんを見かけますが、やはりステージで靴を脱いで裸足でというのは格好悪いものです。やっぱりシューズで弾くほうが格好いいですよね!

今回はおススメのエレクトーンシューズをご紹介します。
お気に入りの一足を見つけて、快適なエレクトーンライフを送りましょう!

どのような形状のものが弾きやすいのか

まずは、どのような形のシューズが弾きやすいのか、みてみましょう。

なるべく子供さんの足にぴったりフィットするもの

シューズと足がフィットしていないとうまくベースを弾くことができません。サイズ感はきちんとしたものを選び、脱げる心配がある場合、ストラップなどで固定できるものを選ぶ方がいいかもしれません。

フィットするもの、ということで一番思い浮かぶものはソックスなんですが、ソックスだと格好悪いし、だんだん足の裏も痛くなってきます。発表会やコンクールではきちんとシューズを履きましょうね。

適度な「滑り感」があるもの

シューズの裏はそれぞれ違うもの。同じゴムでも、ものによって違います。適度な滑り感のあるシューズは、ベースの上でも靴を滑らせることができるので、音の移動がとてもスムーズです。試着する際はベースを弾くように足を動かしてみましょう。

余談になりますが・・私は一度中学校の体育館シューズでエレクトーンを弾いたことがあるのですが、靴の裏が強力なゴムになっていて、ベースを弾くたびに、キュッ!となってしまい、ベースでスラーを弾くことができませんでした。

かかとが少し高くなっているタイプのシューズ

なぜこの様なシューズがいいのかと言うと、かかとでベースを弾く時にとても便利だからです。
ヒールがないシューズを履く場合、つま先、かかと、と交互にベースを弾くと足首を思いっきり動かさないとうまくベースを弾くことができません。その場合、かかとで弾くほうの音が少し遅れてしまうこともあります。
でも、かかとがあるシューズを履くことによって、つま先からかかとに移る時間が少し早くなるため、ベースがずれることを防ぐことができるのです。

一度弾いてみると、その差は歴然です!とても弾きやすくてびっくりしちゃいますよ!!

ただし、二つ注意点があります。

まず一つ目は、女性の方はピンヒールはやめましょう。うまく弾ける自信がある方はそのまま弾いても大丈夫ですが、ベースからかかとが落ちて、音を外す可能性が非常に高くなります。太いヒールのほうが安定感がありますよ。ヒールの高さも低めの方が安心ですね。

そして二つ目は、ベースが忙しい曲の時は靴底にフェルトなどを貼っておくことです。ビジネスシューズやローファーのときは靴底が硬く、そのままベースを弾くと、カンカン!鳴ってしまう恐れがあります。バラードならなんとかなるかもしれませんが、ベースがよく動く曲の時は止めましょう。

以上のことを踏まえてシューズをご紹介します!

①バレエシューズ


バレエをしている人が履くあのシューズです。
バレエをしている人しか買ってはいけないという決まりはないので、堂々と購入して大丈夫です!!バレエ専門店では、店員さんもサイズや種類の説明など、しっかり対応してくれるので安心です。

バレエシューズのいいところは何といってもフィット感です。スニーカーなどと違い、ダイレクトに足に伝わるので、ソックスで弾いているかのような気分になります。エレクトーン初心者やとにかく足元が気になる人にオススメです。

ただし、写真のようなバレエシューズはかかとがありません。
でも、ジャズシューズなど、かかとがあるタイプのシューズも売っていますので、ベースが忙しい曲を演奏される場合はこのようなタイプをオススメします。



バレエシューズは女の子みたいでイヤという男の子にも、ジャズダンスシューズをオススメします。値段はバレエシューズより少々高めですが、こちらもぴったりと足にフィットしますし、見た目が靴に見えるので、よりカッコいいですね。

②エレクトーン専用シューズ

実はエレクトーン専用シューズなるものがあります!
エレクトーンのベースを弾くために作られているので、間違いなく弾きやすいと思います。

ただ、少し値が張りますので子供用というより、もう足のサイズが変わらない大人の方にオススメしたいと思います。もちろん子供用もありますし、種類も本当にたくさんあるので一度サイトもご覧になってください♪
http://www.electoneshoes.skr.jp/usumurasaki5.html

実際に履いてみて自分の足で確かめよう!


いかがでしたか。いろいろご紹介しましたが、大事なのは自分が弾きやすいかどうか。
ここにはご紹介していないスニーカーなどでも、私はこれが弾きやすい!と思えばそれがあなたの一番合うシューズになると思いますよ♪

インターネットでは安く買うことができるところも多いですが、一度実際に試着してみてどのような形が弾きやすいか確認することは大事ですよ。

今回ご紹介したことを参考に、自分にぴったりのエレクトーンシューズを探してくださいね!